簡単に稼げる副業で早期リタイアは無理!ブログ収入は努力に比例して無限大

スポンサーリンク

ブログはアルバイトよりも稼げないのか?

ブログを始めて半年で月収は1万5000円!

ネット上には「簡単に月収10万円を稼げる副業があります」などと怪しげなノウハウを販売する人たちがいます。

こうした詐欺的な商法が存在し、成り立っているのは、簡単に稼げる副業を探している人が多いからです。

しかし、簡単に稼げる副業は存在しませんし、簡単に稼げる副業ほど詐欺に遭遇する確率が高まるだけでなく、将来性も乏しいものです。

私は当ブログを始めて半年を過ぎました。

10年余り前にブログで年収1800万円まで稼いだ経験があるので、いまの時代でも自分のやり方が通用するのか実験的な気持ちも込めて、初めてWordPressを使ったブログを立ち上げました。

毎日、最低でも1記事を投稿し、当ブログだけでも210記事を超えました。

その結果、現在の月収は約1万5000円になりました。

では、このブログ収益は少ないのでしょうか?

ブログよりもコンビニのバイトの方が稼げる?

「月収1万5000円程度なら3日もあればバイトで稼げる」

こう感じた人が多いと思います。ましてや、半年間もかけて200記事書いて月収1万5000円というのは割に合わないと感じる人がいても不思議ではありません。

おそらくサラリーマンの中にも、ブログは空き時間を利用して無理なくやれる副業だと思っていても、半年やっても月収1万5000円と聞いて腰を引いてしまう人がいるのではないでしょうか?

確かに、目先の収入を見れば、コンビニでバイトしたら3日間で稼げるような金額です。バイトの方が時間的な効率が良いわけです。

以前、私は副業には、2つのタイプがあると申し上げました。

労働対価としてお金を受け取る「即金型の副業」と、長期間かけて不労所得を生むコンテンツを育てる「資産型の副業」です。

具体的には、以下のような分類になります。

  • 即金型の副業・・・クラウドソーシング、物販、デイトレ、ポイントサイト
  • 資産型の副業・・・ブログやYouTube、アフィリエイト、不動産投資

コンビニのバイトは、会社員の給料と同じ労働収入です。労働時間に応じて、すぐにお金を手にできる「即金型の副収入」です。

即金型の副業は、いますぐお金が必要な時には便利な副業ですが、働けなくなれば、無収入になるデメリットがあります。

一方、資産型の副業は、コンテンツが積み上がれば、不労所得化が可能です。

しかも収入の上限が青天井、つまり無限大という点が最大の魅力です。

絶対に知っておきたい早期リタイアに必要な副業戦略!どんな副業が効果的だったのか体験的考察【副業の学校①】
副業のやり方を間違うと早期リタイアは難しい 早期リタイアにはサラリーマンの副業が最強! 自由な生活をしたいと、会社を辞めてから副業に取り組む人たちがいます。 しかし、その多くは収入の激減に耐えきれず、いずれ低収入の雇われの身となって不自由だと思っていたサラリーマン生活に舞い戻ることになります。 人生を終えるまで自由な時間を手にするというのは、家を買う以上に贅沢な買い物です。ですから、綿密な戦略を立て、退職前に念入りな準備が必要なのは言うまでもありません。 給料で生計を立て金融資産を築きながら、副業に取り組めるサラリーマンの身分は、実は自由な生活を実現する最強の環境だと強く認識する...
スポンサーリンク

コンテンツ資産の収益化は時間軸が長い

ブログ収益は作曲家や作家のコンテンツ収益に似ている

ブログは、記事量を増やすことによってコンテンツ資産に変化する可能性があります。

しかし、その記事を増やすには多大な時間を要します。

ただ、著名な作曲家や作家でも、作品を作り始めて翌日から収益を手にしたわけではありません。

5年や10年といった下積み時代や売れない時期を経て、ヒット作やキラーコンテンツとして世に認められ、多額の収入を得る道筋を辿ったのです。

それに比べたら、ブログは収益化のハードルが低いと言えます。

なぜなら、私のブログでも、スタートして半年ですでに1万5000円の収益が発生したからです。

しかも、ブログは収益が上向き始めると、月収100万円も夢ではありません。

実際、私が年収1800万円を獲得した年は、最高月収が180万円を超えました。

まさに、ブログには作曲家や作家のような不労所得を築けるかもしれないというロマンがあります。

不労所得を実現する資産型の副業とは?早期リタイアした元サラリーマンの体験的考察【副業の学校②】
早期リタイアには資産型副業が絶対に必要! 不労所得を得るには資産を築ける副業が重要 前回は、ポイントサイトやクラウドソーシングなど即金型の副業について経験的な考察をエントリーしました。 即金型の副業は、今回考察する資産型副業のタネ銭を稼ぐことになりますし、お金がすぐに入るのでモチベーションの維持にもつながります。 今回は、資産型の副業を考察してみたいと思います。 資産型の副業とは、将来、自分がさほど働かなくても自動的にお金が入ってくる仕組みを構築するということです。 具体的に、どんなものがあるのでしょうか? 自分所有の会社を経営する アパート経営など不動産投資 ...

ブログは1000記事を超えてから本当の勝負!

では、ブログで年収1000万円以上稼げるようになるのは、どのくらいの年月が必要なのでしょうか?

それは個々人の能力差も関係するので一概には言えませんが、私自身、まずは1000記事がスタートラインだという気持ちで、日々、ブログを書いています。

1000記事に到達するためには、1日1記事として1000日を要します。およそ3年でスタートラインに立つわけです。

あとは、どれだけ記事数を積みますことができるのか、不労所得化に向けての自分との戦いです。

現在は210記事を超えました。残り800記事足らずでスタートラインに立つわけですが、3年でスタートラインに立てると考えたら短いものです。

しかも、コストは1〜2万円程度。これほど費用対効果の優れた不労所得は他に存在しないと私は考えています。

サラリーマンの副業はネットビジネス以外はありえない!【副業ランキング】
副業と言っても働きながらできる仕事は限られている 政府が推奨する副業のすすめの理想と現実 2018年は政府が副業を推奨し、「副業元年」と言われました。 少子高齢化による人手不足を解消する方策として浮上した副業のすすめですが、働く側の視点に立つと、別の現実が見えてきます。 現在雇われている会社以外に、別の会社で働く副業というのは、ふたつの会社の指示に従う生活になるわけです。 他人に雇用されて働く生活は、大変なストレスです。ましてや、2つの会社に雇用され、指示をされて働くことは、二重のストレスに耐える生活を意味します。 人間はロボットではありません。 仕事は体力的苦痛よりも精神的...
テキストのコピーはできません。