専業ブロガーも心は疲弊する!早期リタイアした私が簡単にサラリーマンを辞めないように説く本当の理由!

スポンサーリンク

サラリーマンのメリットを存分に享受することが重要だ

会社員のメリットを再評価する

私が夢だった早期リタイアを実現できたのは、ひとえに勤めていた会社のおかげだと思っています。

会社から振り込まれる給料やボーナスがなければ、リタイア資金を貯めることはできませんでしたし、都心に近い場所に家を購入することもできませんでした。

また、家族の生活費や子供の教育費、投資資金など全ての費用は毎月安定した給料があったから可能だったと考えています。

ブロガーのイケハヤさんがブログで「まだ東京で消耗しているの?」と呼びかけ、早く会社を辞めてブログやユーチューブなどで稼ぐ道を唱えています。

私もブログやユーチューブなどネットを利用したビジネスで生活する道を探ることは大切だと思いますが、簡単に会社を辞めることには賛同できません。

むしろ、心を病んでいない限りは、消耗しない程度にサラリーマンで安定収入を受け取りながら、副業ビジネスで将来の独立や早期退職の道を目指すのが早道だと考えています。

サラリーマンの副業はネットビジネス以外はありえない!【副業ランキング】
副業と言っても働きながらできる仕事は限られている 政府が推奨する副業のすすめの理想と現実 2018年は政府が副業を推奨し、「副業元年」と言われました。 少子高齢化による人手不足を解消する方策として浮上した副業のすすめですが、働く側の視点に立つと、別の現実が見えてきます。 現在雇われている会社以外に、別の会社で働く副業というのは、ふたつの会社の指示に従う生活になるわけです。 他人に雇用されて働く生活は、大変なストレスです。ましてや、2つの会社に雇用され、指示をされて働くことは、二重のストレスに耐える生活を意味します。 人間はロボットではありません。 仕事は体力的苦痛よりも精神的苦痛の方がつらいものです。 いま雇われている会社の給料が少なすぎて、別の会社でもバイトしない限り生活できないという人でない限りは、2つの会社に雇用される生活は避けたいというのが普通のサラリーマンの感...

ブロガーに広がる拝金主義の文化

私は10年ぶりにブログを必死に書き続けています。

なぜ必死に書くのかというと、これ以上、面白いものはないと思うからです。努力すればした分だけアクセス数が増えて、最高の知的ゲーム的感覚も味わえます。

ただ、かつてのようにブログで大きく稼ぐことは考えていません。なぜなら、長年、サラリーマンをやりつつ、早期リタイアの準備を続けたおかげで、もう稼ぐ必要がないからです。

久しぶりにブログに熱中する過程で、いろいろなブログを鑑賞しましたが、以前よりも拝金主義的なブロガーが増えているような気もします。

考えてみれば、専業ブロガーは大変です。毎月数十万円稼げるようになっても、その状態が20年、30年と続く保証がどこにもないからです。

イケハヤさんがかつては「ブログをやれ」といい、最近では「ユーチューブのほうがいい」と言い始めているのも、将来もずっと稼げるのか、心のどこかに不安があるからだと思います。

この不安感は「明日もお客さんが来てくれるだろうか?」といつまでも心配する自営業者の心理と同じです。

リタイア生活の趣味にブログが一番だと考える3つの理由
リタイア生活でブログを楽しむ効用 ブログに必要なカメラ撮影は健康に貢献 私はリタイア生活では、趣味の中心にブログを据えたいと考えています。 ブログの画像を集めるためにカメラ撮影するのは、それなりに歩きます。 外出先でもブログを発信できる通信環境を整えたので、時には気分を変えて喫茶店や公園で執筆するのも気分転換になりますし、健康にも良さそうです。 さらには、ブログのコンテンツに必要な材料を揃えたり、テーマを考えたりするのは自分の脳を動かしている実感があります。 パソコンで文章を打ち込む作業は指先を動かしていますから、脳の活性化につながる効果もありそうです。 私の祖母が高齢になっても指先を動かす裁縫を続けていましたが、90歳でこの世を去るまで記憶力もさほど衰えませんでした。 彼女は生前、指先を動かすことが大切だと話していましたが、私も裁縫をブログに変えて真似をしたいと思って...
スポンサーリンク

私が50代のリタイアが理想だと考える理由

サラリーマンのメリットは金銭面だけではない

会社員のメリットは、安定した収入だけにとどまりません。専業ブロガーになったら自営業者と同じですから、病気の際には無収入になってしまいます。

もうひとつ大きなメリットは、人生経験を積んだ尊敬できる上司や先輩にめぐりあう可能性が高いということです。

とくに大企業になればなるほど、ゆとりを持って社会を俯瞰し、ためになるエピソードや過去の勉強経験を持った人がいるものです。

私も多くの経営者とお付き合いさせていただきましたが、尊敬でき、勉強になる方が少なくありませんでした。

最低限必要なリタイア資金とは?

将来、公的年金制度が崩壊すると喧伝されていますが、私は年金制度は減額されることはあっても生き残ると考えています。

いろいろな人たちが予測していますが、こればかりは神様しか分かりません。

ですから、どんな状況になっても生き延びることができるように資産形成は大切ですが、「天が崩れ落ちてくる」と、あれこれ心配しすぎるのもどうかと思います。

辛いことがあっても会社に踏みとどまって、サラリーマンのメリットを最大限に享受しつつ、年金の支給開始年齢(65歳〜70歳)まで生き延びられる資金を貯めてからリタイアしても遅くはありません。

もちろん、ブログ収益など副業の努力をしていれば、理想的です。

会社員の収入を得ながら副業収入を得る方法を試行錯誤するのがリタイアへの近道であり、不安の少ない人生になると思います。

平均生活費は月28万円!リタイア後の生活費を上方修正し再計算した理由は?
リタイア生活こそ人生最良の日々にしたい 60歳以上の最低生活費の平均は28万円 定年後の平均生活はいくらだと思いますか? 金融広報中央委員会が行った平成29年(2017年)の調査結果は、2人以上の世帯で1ヶ月あたり28万円でした。(「家計の金融行動に関する世論調査」) また、金融資産は平均1151万円。年金支給時(65歳)に最低準備しておく貯蓄残高は2080万円という結果でした。 夫婦で1ヶ月28万円の支出が平均値ということは、年間の生活費は336万円ということになります。 一方、平均的な年金支給額は約220万円ですから、税金など2割天引きされたとして、年間の手取りは180万円と想定します。 すると、リタイア生活では、毎年56万円不足することになります。 その不足分をどれだけ貯蓄できるかということが、ハッピーリタイアの勝負どころです。 収入が少ないと嘆く前に、どうすれ...

どんなリタイアが理想的なのか?

最後に、私がいま感じている理想的なリタイアの形について述べたいと思います。

まず、第一に、経済的な不安がないことです。

これは説明するまでもないことですが、無収入でも生きていけるリタイア生活が理想的です。

お金を稼ぐ必要性を感じなければ、無欲ですから、変なカネ儲けに騙されることもありません。

そのためには会社員時代に貯蓄に励む必要があります。同時に、リタイア後のために資産(ブログも含む)から不労所得が生まれる仕組みづくりに励む必要があります。

私の場合は事業と配当でしたが、10年以上の日数を要しました。

二つ目は、没頭できる趣味を持っているということです。

趣味がなければ、最初は自由を謳歌していても、いずれ退屈なリタイア生活になってしまいます。趣味はお金と同じくらい必要です。

三つ目は、家族が平和で健康であることです。経済的な不安がなくても、家族や健康のトラブルは大きなストレスとなり、寿命を縮める恐れがあります。

  • 稼ぐ必要のない経済的基盤
  • 没頭できる趣味
  • 家族の平和と健康

この三つが揃うまで会社に勤めながら副業に励み、早期リタイアを実現できることを祈っています。

みんなが早期退職する必要はありません!自分の心と素直に向き合うべきです
早期退職はサラリーマンの理想なのか? アーリーリタイアと違って早期退職の響きが暗いのはなぜ? 私は10年以上前からアーリーリタイアを目指して準備を進めて来ました。 おそらくアーリーリタイアした人の中では準備期間が長いほうだと思っています。 ですから、早期退職も特別なことと考えていないし、ましてや妻以外、誰にも相談することなく辞表を出しました。 おかしなもので、アーリーリタイアは、米国の成功者たちの後半人生をイメージさせるのか、明るいイメージがあります。 しかし、早期退職という言葉は、脱落者のイメージがつきまとい、どこか暗い響きが漂っています。 会社員というマラソンレースから途中棄権するわけですから、リタイアは好ましくないというのが世間一般の印象ではないでしょうか? しかし、リタイア生活で感じているのは、リタイア後にやりたいことがある人にとっては、天国だということです。 ...
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました