リタイア生活の趣味にブログが一番だと考える3つの理由

スポンサーリンク

リタイア生活でブログを楽しむ効用

ブログに必要なカメラ撮影は健康に貢献

私はリタイア生活では、趣味の中心にブログを据えたいと考えています。

ブログの画像を集めるためにカメラ撮影するのは、それなりに歩きます。

外出先でもブログを発信できる通信環境を整えたので、時には気分を変えて喫茶店や公園で執筆するのも気分転換になりますし、健康にも良さそうです。

さらには、ブログのコンテンツに必要な材料を揃えたり、テーマを考えたりするのは自分の脳を動かしている実感があります。

パソコンで文章を打ち込む作業は指先を動かしていますから、脳の活性化につながる効果もありそうです。

私の祖母が高齢になっても指先を動かす裁縫を続けていましたが、90歳でこの世を去るまで記憶力もさほど衰えませんでした。

彼女は生前、指先を動かすことが大切だと話していましたが、私も裁縫をブログに変えて真似をしたいと思っています。

ですから、私にとってブログは健康維持のための道具のようなものだと考えています。

毎日ブログを書くことで文章が下手でもうまくなる

ブログを発信していて、一番感じるのは毎日文章力が向上するのではないかという自己満足があることです。

ただ、文章力が向上するにはできる限り、毎日、ブログを書くことが必要です。

誰でも、毎日、文章を書いていれば、文章力は向上します。

自分は「文章が下手だから」とあれこれ考えすぎて、文章を書く頻度やブログを発信する頻度を減らしてしまう必要はありません。

あの名選手・イチローだって、最初は野球の素人だったのです。

何よりも大切なのは文章力が向上したという自己満足です。

他人がどう思おうと、自分自身がその瞬間を面白がることがリタイア生活では重要だと考えています。

その満足感が幸福感につながり、お金では買えない充実感に満たされるからです。

リタイアしたら、もうサラリーマン生活と違って、誰の評価を気にする必要はありません。

自分が自分自身に「いいね」と言えれば、それでいいのです。

スポンサーリンク

ブログはコスト安で収益化できる趣味

コストゼロでも始められるのがブログの魅力

ブログを始めるのに、お金は全くかかりません。

ライブドアなど無料ブログがありますから、それに登録すれば、10分後には自分のブログをタダで発信できます。

毎日、無料ブログで文章を書いて、文章力の向上を実感しつつ、自己満足を感じるのも悪くはないと思います。

ただ、将来の収益化や、自分の所有権のあるブログが欲しいのなら、独自ドメインを取って、レンタルサーバーを借りる必要があります。

それだって、コストは年間1万円ほどで済んでしまいます。

【資産型ブログ】あなたのブログがGoogle検索に好かれる最低条件
ネット空間はGoogleの好みやルールに従うことが重要 Googleが好む?ブログはWordPressが最適 未来永劫かどうか分かりませんが、ネット空間は現在、GoogleやYahooに検索されないと、多くの人たちにブログを読んでもらえないのが現実です。 とくにGoogleはAmazonとともに世界的な巨大企業として君臨しています。 インターネットのサービスを利用する以上、そのGoogleの好みやルールを良く知ったうえでブログ戦略を考えることが、まず何よりも重要になってきます。 まず第一に、ブログの作成ソフトですが、これはオープンソースのWordPress一択です。 すでに全世界のウェブサイトのうち、3割以上がワードプレスを利用したものという調査結果が発表されるくらい、いまやメジャーなブログソフトウェアです。 ブログ作成サービスには、ほかにも、サーバー料もかからず、登録す...

自動車を保有すれば、税金や保険、駐車場代などで、毎年数十万の出費を覚悟しなければいけません。

私も若い頃はクルマが大好きでしたが、いまは、毎年、大きな出費を義務付けられるクルマよりはブログの方が安上がりな趣味だと思います。

ブログの収益化で趣味と実益の両方が楽しめる

ブロガが安上がりな趣味というだけでは、少し消極的な気もします。

ブログは最もコスト安なビジネスツールだという点にも注目しています。

ブログの記事を書き溜めたら、Google Adsense(コンテンツ連動型広告)の審査を申し込んだり、アフィリエイト(成果型報酬)で収益化を図ることが可能になります。

趣味と実益を兼ねたブログを研究すると、リタイア生活の可能性も広がり、毎日、頑張る目標にもなります。

私の目下の目標は、総合型ブログを一つと、なにか、自分の趣味にフォーカスした特化型ブログを複数作成しようと考えています。

それで、自分がどこまで稼げるのか?

誰の評価を気にすることなく、気ままに、ブログの可能性を追求するのも、リタイア生活ならではの特権だと思います。

リタイア生活にブログが一番と考える理由を述べてきましたが、これから始めてみようという人は、ブログ作りにフォーカスした特化型ブログも作りましたので、参考にしてみてくださいね。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました