新型のiPad Pro11と旧型のiPad Pro10.5 どっちを買うべきか迷う理由

スポンサーリンク

新型iPad Proは何が進化したのか?

iPad Proは万能のデバイス

アップルが30日に、新型のiPad Proを発表しました。

大きさは11インチと12,9インチの2機種で、iPhoneXシリーズ同様にホームボタンをなくして顔認証(Face ID)を採用し、旧型よりも15%程度薄くして軽量化を図っています。

 

新型11”

10.5”新型12.9”12.9”
(mm)
247.6250.6280,6305.7
(mm)
178.5174.1214,9220.6
厚さ(mm)
5.96.15.96.9
重量

WiFi

468g

469g
631g677
Cellular

468g

477g633g692

頭脳は新チップのA12X Bionicを搭載し、一層賢くなったほか、アップルペンシルも本体にくっつき自動充電する方式です。

地味ながら最もユーザーに恩恵をもたらしそうなのが、Lightning端子の消滅です。

外部端子にUSB Type-Cを採用し、カメラや外部モニターとの接続が楽になり、汎用性が広がりました。

私もiPadを使っていますが、単なるタブレットにとどまらず、携帯性ナンバーワンのパソコンといっても過言ではありません。

アップルのティム・クックCEOが30日の発表会で「iPadは一番人気のコンピューターでもある」と胸を張ったのも分かる気がします。

新型iPad Proは買うべきなのか?

私は先日、iPhoneXSが発売された際、1万円ほど安くなったiPhone8を購入しました。

顔認証が好きになれないうえに、iPhone8でも写真やメールなど普段遣いには十分なパフォーマンスだと考えているからです。

新型iPhone発表で値下り機種を買ってみた
アップルが13日に新型iPhoneを発表し、翌日から予約を開始しました。 今回のモデルは昨年発売されたiPhoneXの後継機。新型発売と同時に、Xの販売は終了しました。 それにしても、今回発表された上位機種は、お高いです。 6.5インチの有機EL搭載の「iPhoneXS Max」は、ストレージ512GBが16万4800円。MacBookなど立派なパソコンが買えてしまう値段です。 ただ、新機種が発表されたときはチャンスでもあります。 iPhoneの旧型機種は高機能かつ割安感がある 大きな性能の変化を感じなかった新機種発表 今回の新機種が、実用上、Xや8、7に比べて大きく向上した点は、私の見る限り、プロセッサーとカメラです。 プロセッサーは64bitの8コアプロセッサ「A12 Bionic」。これによって、パフォーマンスが向上し、最大50%の省電力を図れるようになります。 ...

しかし、新旧iPad Proの値段を見てどちらを買うべきなのか悩んでいます。

私が欲しいのは、モバイルWiFiを購入したので11インチか10.5インチの「WiFiモデル」。ストレージは「256GB」で十分だと考えています。

比較表をつくってみたのですが、両者の値段の差は2万円です。

iPad Pro

WiFi

WiFi+Cellular
新型11”64GB:8万9800円
256GB:10万6800円
512GB:12万8800円
1TB:17万2800円
64GB:10万6800円
256GB:12万3800円
512GB:14万5800円
1TB:18万9800円
旧型10.5”
64GB:6万9800円
256GB:8万6800円
512GB:10万8800円
64GB:8万4800円
256GB:10万1800円
512GB:12万3800円
新型12.9”64GB:11万1800円
256GB:12万8800円
512GB:15万0800円
1TB:19万4800円
64GB:12万8800円
256GB:14万5800円
512GB:16万7800円
1TB:21万1800円

旧型12.9”

64GB:8万6800円
256GB:10万3800円
512GB:12万5800円
64GB:10万1800円
256GB:11万8800円
512GB:14万0800円

新型iPad Proを購入したとすると、新しくなったアップルペンシル(約1万5000円)も欲しくなりそうです。

さて、どちらにするべきなのか?

スポンサーリンク

新型iPad Proの新機能は私に必要なのだろうか?

新旧iPad Proの価格差2万円は小さい気がする

おそらく私のように迷っている人は多いのではないでしょうか?

今回、新旧どちらを買おうか迷っているのは、以下のような理由からです。

  • 今後5年くらいを展望すると2万円の価格差は小さい感じがすること
  • 旧型でも私には十分なスペックだと感じる
  • 先日iPhone8も買ったばかりなので出費を抑制しようという心理が働く

こんな感じですが、私はリタイア生活にiPad Proはと必要だと考えています。

携帯性に優れ、公園や喫茶店で読書できますし、ちょっとしたブログの執筆も可能です。

調べ物をするにも、iPad Proを立ち上げてググれば、疑問はすぐに解消されます。

写真を撮ったら大きな画面で確認できるし、写真の編集や整理も楽です。

iPad ProのカメラはF値が低く暗所に強い優れものでもあります。

新旧どちらかのiPad Proは購入したいと考えています。

新型iPad Proはプロのクリエイター向きではないのか?

iPad Proといえども、世界的なタブレットの売上減の流れに抗し切れていないのが実情です。

今回のアップルの発表会で強く感じたのは、アップルは原点回帰を考えたのではないかということです。

アップルはAdobeと連携を深め、新型iPad ProとPhotoshopの親和性を高めます。

Photoshopは撮影した写真を加工・編集して思い通りに仕上げたり、ウェブページやバナーなどをデザインしたり、デジタルで水彩画や油絵のような手描きのタッチを表現する、クリエイターには欠かせないツールです。

新型iPad Proは新しいアップルペンシルを使ってクリエイターがより作品を制作し易くする機能を向上させていて、その方向性は一般ユーザーからは遠い世界にも見えてしまうのです。

しかし、よくよく考えてみると、アップルの草創期を支えたのはクリエイターの人たちでした。

ビジネスの世界ではWindowsが主流だったし、その傾向は変わっていません。

ビジネスのWindows、クリエイターのApple。

アップルは原点回帰し、将来の方向性を模索しているようにも感じました。

その方向性で考えると、新型iPad Proに追加された機能は、いまの自分に必要なのだろうか?という疑問も湧いてきます。

新旧どちらのiPad Proにせよ、お金さえあれば、いつでも買えます。

慌てず、もう少し、沈思黙考したいと思います。

新型のiPad Pro11を注文!迷った末に選んだ理由は?【口コミ】
新型iPad Pro11と旧型iPad Pro10.5の違いは? 低価格のiPad Pro10.5とスタイリッシュなiPad Pro11の選択 今年発表されたApple製品の中で、最もリニューアルされたといわれるのが新型のiPad Proです。 私は外出先でもブログや写真の編集が可能なノマド的リタイア生活を目指していますが、小型軽量なのに高性能で高機能なiPad Proは、いつか必ず手に入れたいツールの一つでした。 ですから、10月30日に発表された新型iPad Proは一気に私の物欲を刺激しました。 ここ数日間は値段の安いiPad Pro10.5にするべきか、それとも新しいiPad Pro11にするべきか、迷いに迷いました。 携帯性で言うと、大きさは両方ともほぼ一緒。大きく変わったのは、新型iPad Pro11が旧型より0.2ミリ薄くなった程度です。  ...
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました