”脱社畜”の成功者が陥る大きな落とし穴!脱サラ後に分かる幸せな人生の基盤とは?

スポンサーリンク

自由な人生のはずが必死に儲け話を渡り歩く人生

若くして”脱社畜”に成功した大物ブロガー

20代で会社を辞めてブロガーに転身し、億単位の年商を得ているカリスマブロガーという人たちがいます。

有名な例でいえば、「まだ東京で消耗してるの?」という挑発的なタイトルのブログなどで2018年に年商1.5億円以上稼いだブロガーのイケハヤさんもその一人です。

1986年5月生まれの現在32歳ですから、人生は、まだまだ、これからの年齢です。

2017年から2018年は仮想通貨バブルもあって、仮想通貨口座を紹介して多額のアフィリエイト報酬を稼いだといいます。

しかし、最近は仮想通貨バブルが弾け、口座の紹介料が激減すると、今度はYouTubeや有料サロンに活路を見出そうと必死のようです。

ちなみに、昨日、当ブログで取り上げたM&A専門家の経歴詐称疑惑は、その有料サロンを運営する最中に発生した問題でした。

経歴や実績を盛るインフルエンサーには要注意!努力なしで簡単に稼げるわけがない
インフルエンサーがカネになる時代が本格的に到来した インフルエンサーの源流はカリスマブロガーだった ブログの普及とともに世の中に定着した言葉があります。 それは「インフルエンサー」です。 インフルエンサーの源流は、多くの読者を持つカリスマブロガーが登場し、そのカリスマブロガーが「口コミ」として紹介した商品やサービスが売れる現象を見て、企業が宣伝戦略に活用したのが始まりでした。 インフルエンサー (英: influencer)は、世間に与える影響力が大きい行動を行う人物のこと。その様な人物の発信する情報を企業が活用して宣伝することをインフルエンサー・マーケティングと呼んでいる。...

お金に感情を支配される人生

ブログなどネット系だけで長い人生の経済基盤を構築する場合、避けられないのが収入の増減です。それゆえ、常に新たな収入源やビジネスを求め、あらゆる可能性に挑戦する必要があります。

とくに、単年で多額の収入をがあると、翌年の税金は驚くほど多額です。私も経験がありますが、手残りの少なさに驚き、翌年、収入が減少すると、不安を覚えるものです。

ましてや、人生の残り時間がまだまだ長く、子供がまだ幼かったりすると、収入が激減する恐怖と戦う人生になります。

脱サラして多額の収入を手にしたにもかかわらず、年収500万円ほどだったサラリーマン時代には感じなかった恐怖感を感じるようになるのは、どうしてでしょうか?

それは、先々の人生の長さを考えると、20年後、30年後でも、安定収入を手にできる保証がどこにもないからです。

ですから、より儲かりそうなものを必死に探し渡り歩く、おカネの放浪者になる恐れがあります。

スポンサーリンク

幸せな人生とはどんな生き方なのか?

オンラインサロンは参加者ではなく主催者が自由になるためのツール!

そういう恐怖感に陥ったブロガーやアフィリエイターが次に何を考えるのか?

まだ何も分からない人たちからお金を取って、自分が自由になれるビジネスです。

インフルエンサーが主催する有料のオンラインサロンが盛況です。

脱サラして自由に生きるための学習の場もあります。しかし、社会経験や人生経験を抜きに、人々に価値あるコンテンツを提供するのは限界があるのです。

有料サロンの中には、参加者が自由になる場ではなく、主催者たちが自由になる場もあると、私は感じています。

最近、「サロンなんかに行ってないで、会社に行け」なんていう人もいましたが、無知な人たちは搾取されるがちなのです。

自由で幸せな人生を手にするために必要なこと

では、これから自由で幸せな人生を手にするためには、どうしたらいいのでしょうか?

まずは、自分の年齢と相談することです。

まだ、20代〜30代だったら、先々の人生は長いのですから、会社で働きながら安定収入を得て、空いた時間を副業にあてて、スキルを磨くことが先決です。

自分のゴール地点を40歳か50歳か60歳か定め、その年齢に向かって貯蓄や資産運用に励んで退職金も含めた経済的な基礎基盤を作り上げるのです。

晴れて自由人になれたら、副業で培ったスキルやブログで月々20〜30万円程度でも収入があれば、割と心安らかな人生を送ることができます。会社員には、65歳〜70歳になれば、比較的手厚い厚生年金もあります。

それと共に重要なことは、会社というのは嫌なことも多いものですが、いろいろな人生経験を学べる先輩や同僚もいるものです。そういう人たちと共に働き、仕事上のスキルも手にすることで、人生にとって何らかのプラスに作用するものです。

ブログを配信するにしても、サラリーマン時代や職人時代の経験は資産になります。

まさに、「人生に無駄なし」なのです。

50代でセミリタイアするのが理想的な理由
なぜ50代セミリタイアが理想的なのか リタイアするのなら体が元気な年齢がいい 政府は人生100年時代とうたって高齢者を労働力の担い手にしたいと考えているようです。 その場合の労働力というのは、企業の歯車のひとつとしての労働者をイメージします。 しかし、せっかくの人生ですから、自分の好きな仕事や事業を自己責任でやってみたいものです。 誰かに管理され評価され、頭を下げて、給料をもらう生活は、ある時期で切り上げ、一定の年齢になったら、自分自身の心の赴くままに好きな仕事に熱中できるセミリタイアに入りたいと思っているのではないでしょうか。 私は近く、50代後半にして、ようやく、その第一歩...
スポンサーリンク

まとめ・自由と幸福に向けた3つの価値と3つのステップ

ブログには3つの価値が重要だ

私は20〜30万円の収入を得るにはブログはとても有用だと考えています。

では、魅力的なブログはどんなブログでしょうか?

それは、次の3点が揃っているブログです。

  • 記事の価値 記事に役立つ情報が盛り込まれている
  • ブログの価値 全体を読めば訪問者の悩みや疑問に答えてくれるものがある
  • 管理人の価値 ブログを運営している管理人が信頼でき魅力がある

上記の3つの価値を提供するには、自分が設定したゴール地点まで、会社に止まって学んだことが役立つ場面も少なくないはずです。

30代に見える風景と40代で見える風景も違います。20代で「会社で働いても無駄」と結論づけるのは、前菜だけでレストランの食事を評価しているようなものです。

ブログでなくとも、YouTubeでもクラウドソーシングでも、会社員時代に身につけた無形有形の経験やスキル、人間性が役立つはずです。

20代で脱サラし、ネットビジネスだけで稼ぐ人生を60歳まで続けるのですか?

その人生は大切なことを身につけないまま人生を消化する恐れがあります。

会社員は職場で面白くないことも多々あります。毎日、同じ時間に通勤するのも苦痛です。

しかし、脱サラしてフリーになったらなったで、今度は不安定な収入を心配する日々が訪れるかもしれないのです。

サラリーマンの副業はネットビジネス以外はありえない!【副業ランキング】
副業と言っても働きながらできる仕事は限られている 政府が推奨する副業のすすめの理想と現実 2018年は政府が副業を推奨し、「副業元年」と言われました。 少子高齢化による人手不足を解消する方策として浮上した副業のすすめですが、働く側の視点に立つと、別の現実が見えてきます。 現在雇われている会社以外に、別の会社で働く副業というのは、ふたつの会社の指示に従う生活になるわけです。 他人に雇用されて働く生活は、大変なストレスです。ましてや、2つの会社に雇用され、指示をされて働くことは、二重のストレスに耐える生活を意味します。 人間はロボットではありません。 仕事は体力的苦痛よりも精神的...

自由な人生を実現するための3ステップとは?

本当かどうかわかりませんが、ネット上には会社を辞めて自由で豊かになった話があふれています。

確かに、脱サラして、数年間、自由を謳歌するのは可能かもしれません。

しかし、家族ができて子供が生まれ、彼らのために家を確保するとなると、安定収入のありがたさや重要性に気づくはずです。

自由な人生を実現するために考えるべきことは次の3点だと思います。

  • まずは会社員として安定収入と貯蓄・資産運用、副業に取り組む
  • 家族状況を勘案してリタイアの目標年齢を設定する
  • 最終段階で残りの人生時間や資産、副業収入を計算し、ある程度自信が持てたら実行する

3ステップから分かるのは、特別な才能でもない限り、自由で幸せな人生を手にするためには近道はないということです。

私自身、凡人だと自覚しているので、凡人でも可能な、幸せな早期リタイアの道を長年模索しました。

その結果、たどり着いたのは、貯蓄と副業で地道に準備を進めるのが近道という極めてシンプルな結論でした。

経験がお金になる!スキルで稼ぐ方法は価値を与えて対価を得る原理原則だ【ココナラ】【ランサーズ】【クラウドワークス】
価値を与えて対価を得るのがビジネスの原理原則! 自分のスキルや経験がお金になるWebマーケット 副業といえどもビジネスです。 ビジネスの大原則は何でしょうか? それは「相手に価値を与えて対価を得る」ということです。 ですから、いくらセールスしても、価値のないものを売っていたのでは対価を払ってもらえません。 世の中には、セールストークだけで価値がないものを売っている人もいますが、そんな商品やサービスは消費者に愛想をつかれ、早晩淘汰されてしまいます。 しかし、サラリーマンや職人の多くは長年、経験を積み、価値あるスキルを身につけているものです。 仕事で得たスキルだけでなく、趣味で...
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました