秋が早期退職の準備に最適な理由!早期リタイアを実現した私の経験

リタイア準備
スポンサーリンク

早期リタイアの準備は季節選びが重要

秋は早期リタイアにとって重要な季節だった

当ブログは、ストレスのない自由な人生を実現することが最大のテーマです。

ストレスフリーで自由な生活のためには、金融資産を増やしたり、自分のビジネスを所有して、経済的に独立することが必要不可欠になります。

もう一つ重要なことは、早期退職の準備をいつ頃始めて、最終的に、いつ会社に退職を申し出るのかというタイミングも重要です。

私自身、会社に退職願いを提出したのは、秋頃でした。退職希望日は年末12月31日。

未消化の有給休暇を消化して1月1日からは心機一転、新たな年を迎えることができました。

この秋に退職願を提出したのは正解だったと考えています。

秋に退職願を提出するメリットとは?

秋に退職願を提出することが正解なのは、次のようなメリットがあったからです。

  • 最後となる冬のボーナスを満額で受け取れる
  • クリスマスや年末年始は仕事を考えず満喫できる
  • 12〜2月の寒い時期に出勤しなくて済む
  • 所得税や住民税の計算は1〜12月で一区切りで面倒臭くない
  • 新年を新たな気持ちで迎えることができる

サラリーマン時代、早期退職を目指して10年がかりで準備を進めました。

経済的不安のない状態まで準備を完了できたことを確認したうえで、退職願を提出していたので、新年は達成感に満ちた気分で迎えることができました。

何と言っても12〜2月の寒い時期に満員電車に揺られる必要もなく、日曜日の夕方に憂鬱な気分になることもありません。

しかも、クリスマスや年末年始、早春といった外出してもワクワクするような時期に自由に生活できるのは「こんな人生もあったんだ」と新鮮でもありました。

その経験から、秋に早期退職の意思を会社に伝え、有給休暇を消化して、年末に退職するという流れは理想的だったと考えています。

スポンサーリンク

私が早期退職する前に準備したこと

早期リタイアに重要なのは資金計画

私が早期退職のために実行した準備は、2つのフェーズ(局面)に分けられます。

まずは、早期退職を決心した10年前の準備がありました。

早期退職を成功させるためには経済的な自立が不可欠です。もちろん、慎ましくも貯蓄や年金で細々と生きていけばいいと考えているのであれば、さほど準備が不要なのかもしれません。

しかし、私は贅沢をするつもりはありませんが、早期退職後に現役時代より生活水準を下げたくないという気持ちもありました。

毎月の支出を計算すると、月35〜40万円の生活費があれば、レベルダウンを防げると判断し、そのための金融資産の蓄積に励みました。

給料の余剰分を貯蓄したほか、ブログ収益が約6000万円、株式投資が約1000万円、不動産投資はトントン、ポイント収入は約1000万円という具合に副業で合計8000万円ほど収入を増やすことができました。

この副収入がなければ、今頃、まだ我慢して会社に通っていたかもしれません。

ブログやサイトで稼ぐ基本的手順とは?コンテンツ資産で将来不安を解消する方法【ブログ入門編】
資産ブログを保有して人生を変える方法無料ブログの時代は終わっていた!私がネットで収入を得たいと考えたのは15年ほど前のことになります。当時はブログやサイトを運営する人も少なく、ネット収入の黎明期でもありました。ブロクやサイトを始め、最初の1

早期退職直前に準備したことは?

もうひとつのフェーズは早期退職直前の準備でした。

9月に入って退職願を提出しようと最終的に決め、その前後に新たなブログをスタートしました。

それが当ブログで、以来、毎日更新を継続しています。

もう一つがカメラやソロキャン、自転車です。

早期リタイア生活で重要なのは、小さなビジネスと趣味だと考えているためです。

熱中できることがあれば、毎日、退屈することなく生活できますし、全くの無収入よりは好きなことで少しでもお金が稼げたら、小さなビジネスを趣味感覚で楽むこともできます。

現在は当ブログのほかに、カメラやサイト収益の方法に特化したブログも立ち上げ、その記事を更新するのも趣味の一貫となっています。

嫌なことは避け、好きなことだけで生きる、ストレスフリーな生活を満喫できているのも、早期退職するまでの資金計画を着実に実行したからだと考えています。

何事も実行あるのみですね。

サラリーマンの副業はネットビジネス以外はありえない!【副業ランキング】
副業と言っても働きながらできる仕事は限られている 政府が推奨する副業のすすめの理想と現実 2018年は政府が副業を推奨し、「副業元年」と言われました。 少子高齢化による人手不足を解消する方策として浮上した副業のすすめですが、働く側の視点に立つと、別の現実が見えてきます。 現在雇われている会社以外に、別の会社で働く副業というのは、ふたつの会社の指示に従う生活になるわけです。 他人に雇用されて働く生活は、大変なストレスです。ましてや、2つの会社に雇用され、指示をされて働くことは、二重のストレスに耐える生活を意味します。 人間はロボットではありません。 仕事は体力的苦痛よりも精神的苦痛の方がつらいものです。 いま雇われている会社の給料が少なすぎて、別の会社でもバイトしない限り生活できないという人でない限りは、2つの会社に雇用される生活は避けたいというのが普通のサラリーマンの感...
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました