2018年のリタイア生活を総括!メリットとデメリットは何だったのか?

あと1日で2018年が終わろうとしています。

2019年には30年間という「平成」も終わってしまいます。

私はこれまで勤めていた会社に辞表を出し、今年10月で早期リタイアしました。その1ヶ月ほど前から、当ブログをスタートしてリタイア生活を実現するために必要なことや、リタイア生活の満喫の仕方、私の趣味など記事を書き続けました。

当初数十人だったユーザーも、現在は毎日200人以上に増えました。4ヶ月という短い間に、これほど多くの方々が愛読してくれるようになったことに、深い感謝の気持ちでいっぱいです。

リタイア生活は長年の夢でした。ようやく、たどり着けたという気分でもあります。

この1年間を振り返って、自分自身の心の葛藤や早期リタイアを決断したきっかけなどを思い出し、現在の心境を正直に述べたいと思います。

スポンサーリンク

早期リタイアへの道!2018年を振り返る

2018年前半は早期退職の時期を考え続けた

早期リタイアを目指している人の多くは、いつ会社をやめるのか、そのタイミングをめぐって悩んでいると思います。

私もそうでした。

今年初めの時点では、仕事は面白くないものの、会社に大きな不満もなく、60歳の定年まで働いて退職しようかなとも考えていました。

定年退職ならば、あと数年の給料が手に入るし、経済的にもより豊かなリタイア生活を送れるという損得勘定もありました。

しかし、春になって桜が咲く頃、美しい風景を見ても、心から癒されない自分がいました。

美しい光景や楽しい場面でも常に仕事のことが心の片隅に存在していたからです。

「自分が生きているうちに、あと何度、この美しい桜を見ることができるのだろうか?」

そんな思いで美しく咲き誇る桜の花びらを趣味のカメラで撮影していました。

夏の海外旅行で早期退職を決断した

転機となったのは、今年夏の海外旅行でした。

初めてのタイ・バンコク旅行は、空港とホテルの往復以外は、一切タクシーを使わず、もっぱら船と電車のみで移動しました。このため、過去の海外旅行で経験したことがないほど、歩いて歩きまくる旅行でした。

カメラバックを背負っていたせいか、暑さと疲労でクタクタとなってホテルに帰る日々でしたが、滞在中、不思議と体は元気で心地よい気分でした。

「自分の体が元気なうちにたくさん海外旅行も楽しみたい」「年老いてからだとリタイア生活も存分に楽しめないのではないだろうか」

こんな気持ちを募らせていました。

しかも、妻は「いつまで生きていられるか分からないんだから、これからは好きなんことをして、好きな物を買って楽しんだほうがいいよ」と言ってくれます。

日本の美しい桜や、まだ見ぬ世界の風景。そして、ストレスのない生活。人生後半に差し掛かった私には、どれも魅力的で価値のあるものです。

「これからはお金よりも時間が大切かもしれない。お金のために人生の時間を浪費するのはもったいない」

定年退職すれば、その分、多くのお金をもらえるかもしれない。しかし、お金と引き換えに、最も大切な時間を会社に提供することになります。

「残りの人生の時間は会社ではなく、自分のために使おう」

そう決断して羽田空港に到着していました。

スポンサーリンク

決断後は早めに動いてリタイア生活に入った

会社に迷惑をかけない時期を選んで最短の早期退職

「今年中に早期リタイアする」と決断して以降は、もうまったく仕事になりませんでした。

心を込めて仕事に打ち込むことができません。

「早めに早期退職を申し出るしかない」と判断し、9月後半には退職願を出し、職場の引き継ぎなどを済ませて11月以降はリタイア生活に入りました。

決断してからは、比較的、瞬時に動きました。

もちろん、早期退職にあたっては、誰もが経験するような早期退職特有の出来事もありました。早期退職をめぐる様々なことは、来年、詳しくお伝えしていこうと思います。

私の性分なのかもしれませんが、あれこれ迷わず、決めたら1日も早く行動してしまうのです。

早期リタイアをしたいけど、なかなかできないという人の多くは経済的な問題が大きいと思います。

ただ、私の場合、40歳前後から早期リタイアを目指していたので、経済的な準備はできていました。ですから、あとは、いつ、会社をやめるのかというタイミングの問題だけでした。

平均生活費は月28万円!リタイア後の生活費を上方修正し再計算した理由は?
リタイア生活こそ人生最良の日々にしたい 60歳以上の最低生活費の平均は28万円 定年後の平均生活はいくらだと思いますか? 金融広報中央委員会が行った平成29年(2017年)の調査結果は、2人以上の世帯で1ヶ月あたり28万円でした。(「家計の金融行動に関する世論調査」) また、金融資産は平均1151万円。年金支給時(65歳)に最低準備しておく貯蓄残高は2080万円という結果でした。 夫婦で1ヶ月28万円の支出が平均値ということは、年間の生活費は336万円ということになります。 一方、平均的な年金支給額は約220万円ですから、税金など2割天引きされたとして、年間の手取りは180万円と想定します。 すると、リタイア生活では、毎年56万円不足することになります。 その不足分をどれだけ貯蓄できるかということが、ハッピーリタイアの勝負どころです。 収入が少ないと嘆く前に、どうすれ...

「これからは美しい風景を見ても心から美しいと思える日々がやってくる」

そう思えただけでも幸せでした。

リタイア生活で手にした3つのメリット

早期退職して3ヶ月になりました。

その間に感じたリタイア生活のメリットとデメリットを整理したいと思います。

まずメリットですが、一番大きなメリットは仕事上のストレスから全く解放されたということです。これはお金に代えられないメリットです。そのためか、毎日の体調も良好です。

2つ目のメリットは、時間を自由に使えるということです。唯一、不自由なのは、最近、我が家では食材から洋服まで、あらゆるものを楽天市場やアマゾンなどネット通販で購入しています。

どこがお得なのか?Amazonや楽天市場の利用で家計支出の削減計画!
全世代の平均7割以上が利用するネットショッピング 我が家の買い物はほとんどネットショップ利用 みなさんは買い物はどこでしますか? 我が家はレジャーで郊外の大型ショッピングモールに出かける以外は、ほとんどネットショッピングです。コカコーラやミネラルウォーターなど重い水モノをはじめ、最近は生鮮野菜もネットスーパーを利用することがあります。 ネット通販は、検索すれば欲しい商品がすぐに見つかり、実店舗よりも安く購入できます。しかも、自宅に届けてくれるので、ガソリン代も浮きます。 最近は全国の特産品や高級食材、さらには有名料理人監修の冷凍料理を取り寄せ、食卓が相当豪華になりました。 クルマや徒歩で買い物していたころには想像がつかないほど、一流レストランに勝るとも劣らない名料理を広域から安価に取り寄せることができる時代になりました。 高齢化社会で中高年人口が増えるにつれて、ネットショ...

このため、ネット通販で注文したものを受け取るのは、もっぱら私の役目になってしまいました。

とはいえ、日々、ブログを更新しているので、自宅の滞在時間も長く、商品をただ受け取るだけなので、大して苦にはなりません。

最後に、3つ目のメリットですが、生活の基礎コストを下げることができたということです。

リタイア後に改善したのは、次のようなコストです。

  • 自宅の通信環境を割高なCATVから光回線に変更した
  • 自宅のセキュリティー(月額7000円)を解約した
  • 外食やタクシーで散財することが少なくなった

上記の3点だけでも、月間5万円ほどはコスト安になっていると思います。

自宅の通信回線をフレッツ光に変更して36万円節約計画【ソフトバンク光】
リタイア生活は固定費の見直しが不可欠 リタイア後の生活コストを見直した リタイア生活を始めてから、さほどお金を使うことがなくなりました。 往復の交通費や外食費はほぼゼロ円。交際費も使いません。しかし、現役時代と変わらない出費があります。それは光熱費や通信費です。 我が家は電気式の床暖房を利用しているので冬場はつ風の家庭の数倍の電気代になります。 しかし、去年、東京電力から、東京ガスの電気・ガスのセット割りに変更し、年間8万円ほど電気代が安くなりました。 水道代は変えることができませんから、残る固定費は通信費になります。 ただ、通信費に関しては「安かろう。遅かろう」では話になりません。ですから、料金を安くしても通信速度が速くなる方法はないか、虫の良いことを考えていました。 その結果、大きな無駄遣いをしていることが判明しました。 下り最大160Mbpsで月額6000円は割...

リタイア生活で感じた3つのデメリット

リタイア生活がメリットばかりかといえば、そうではありません。

もちろん、デメリットもあります。

まず、安定した労働収入がなくなったことです。

これは、当初から想定内ですから、私にとっては大問題ではありませんが、多くの人たちが早期リタイアに二の足を踏んでしまうのは、この無収入状態が怖いということだと思います。

その無収入状態を防ぐ方法や心構えは、すでに何度も書いているので、そちらを参考にしてください。

もうひとつ、これは私にとっては大きなデメリットなのですが、それは運動量が減ったということです。

会社員のときは、通勤など歩く機会は多いものですが、リタイア後はすっかり体を動かす機会が減少しました。

最初の頃は散歩したり、サイクリングしたりしていたのですが、寒くなってくると、外出自体が億劫になってきます。健康のための運動は2019年の課題にしたいと考えています。

3つ目のデメリットは、家事に関することはとにかくあてにされるということです。

私は主夫なので、宅配の受け取り、リビングの後片付け、洗濯物の取り込み、風呂場の掃除など、様々な用事をこなしています。

ただ、奥さんが専業主婦であっても、早期リタイアした人は邪魔にならない程度に家事に参加することをおすすめします。

というのも、家族には、とても感謝され、喜ばれます。

ですから、私はリタイアして家事を手伝うのは社会貢献の一貫と考えています。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました