副業で稼げる人と稼げない人の大きな違いとは?ブログや株式投資、不動産事業も成功者には同じ習性がある!

スポンサーリンク

多くのブロガーや投資家を見てきた私が感じること

副業は自分で考え自分で判断することが大切

私はどんな工夫をしたらブログや投資、事業で稼げるのか考えていることがあります。

死ぬまで生きていける資産を形成し、生活の不安がなくなっても、その習性がまだ残っています。

それは決して拝金主義ではなく、無の状態から稼ぐことが面白いからです。

無から有を生む副業がゲームやギャンブルよりも楽しいのです。私にとって、副業はゲーム感覚なのかもしれません。

ですから、副業のコツは、自分で勉強し、自分で考え、自分で開拓してきました。

株式投資の世界で「どの株を買ったら儲かりますか?」と質問する人がいますが、そういう人はクズ株を教えられても買って損失を抱える人になるというのが私の投資論でもあります。

それは投資の世界に限らず、不動産でもブログでも同じです。

どんな分野のブログを始めたら成果が得られるのか?

どんな物件を購入したら空室リスクを避けられるのか?

すべて自分で研究し、考え、自分で判断しました。

私が副業で結果を出せたのも、その「自分で研究し、考え、自分で判断する」ことに徹したからだと自己分析しています。

しかし、最近、その自立の精神を忘れている人がとても多いような気がします。

ブログの稼ぎ方を教えて欲しいとメールしてくる人たち

ブログを配信していると、いろいろな方々からメールをいただくようになります。

とても心温まる文面が多く、私も励みになっています。

しかし、中には「なかなか成果が出ないので教えてもらえませか」とか「参考にしたいので過去にどんなブログで稼いだのか教えてもらえませんか」といったノウハウなどを気軽に要望する人たちがいます。

そういう人たちには、画家ピカソの有名な逸話を紹介したいと思います。

ある日、ピカソがマーケットを歩いていると、手に一枚の紙を持った見知らぬ女性がこう話しかけてきたそうです。

「ピカソさん、私あなたの大ファンなんです。この紙に一つ絵を描いてくれませんか?」

ピカソは彼女に微笑み、たった30秒ほどで小さいながらも美しい絵を描きました。そして、彼女へと手渡しこう続けます。

「この絵の価格は、100万ドルです」

女性は驚きました。

「ピカソさん、だってこの絵を描くのにたったの『30秒』しかかかっていないのですよ?」

ピカソは笑います。

「30年と30秒ですよ」                   (出典:TABI LABO

これはピカソの有名な逸話です。

ピカソが成功したあと、たとえ30秒で描いた絵であっても、その作品を描けるようになるには、努力した30年間と、その場で描いた30秒を合算した30年と30秒で料金を計算し、100万ドル(1億2000万円)を要求したという逸話です。

この話は、芸術家のみならず、職人や専門家、フリーランスで生計を立てている人にも当てはまる考え方だと思います。

もちろん、私に教えて欲しいとメールしてきた人たちは「無料」ではなく、過去に私が要した時間や努力に見合った料金を考えていると思います。

しかし、ネット上には「タダでくれくれ族」が多いのも事実です。

スポンサーリンク

自分で考えて行動する人は副業も事業も成功する

自分で考えて行動する人は失敗を経験して最後に成功する

ひとはなぜ、他人に教えを乞うのか?

それは2つの感情があるからです。まず、ひとつは成功したい。そして、もうひとつは失敗したくないからです。

しかし、他人に教えてもらって成功したとしても、そんな成功は一時的な小さな成功に終わるものです。むしろ失敗を重ねた方が、最後には大きな成功を手にするものです。

なぜなら、失敗は様々な知識を得る事ができる知の宝庫だからです。

私の経営する事業も数多くの失敗を繰り返しました。しかし、そのおかげで、現在は業界では安定成長している長寿企業です。

失敗という経験値がなければ、いまごろ高転びしていたと思っています。

副業で成功する秘訣は失敗の積み重ねにある

失敗が重要なのはブログも同じです。

私は過去に合計8ブログを立ち上げましたが、成功したのは2ブログだけでした。

しかし、失敗したブログの経験があったからこそ、残った2ブログで合計6000万円もの収益を得ることができたと思っています。

まさに、失敗を繰り返した過程は、今にして思えば、ブログを習得する上では欠かせない知の宝庫でした。

失敗の繰り返しによって、どうすれば集客できるのか、どんな内容が収益に結びつくのか、日々、研究の連続でした。

株式投資の世界をみても、失敗を乗り越えて超富裕層になった個人投資家が多いものです。

どんな分野でも失敗から学ぶことは計り知れないのです。

ノウハウを教えてもらう前に実行が重要

ブログを始めるときに、事前に知っておくべきことは、独自ドメインとレンタルサーバーの取得方法とWordPressのインストール方法だけで十分だと思います。

あとは、自分で好きなテーマを決めて、まずは手探りでもブログを始めてみることが大切です。

この段階までに、どんなブログを作れば、儲かるのか。儲かるためには、どんな集客方法が必要なのか。最初から、あれこれ他人に教えてもらう必要はありません。

むしろ、他人に聞きたがる人はほぼ成功しないブロガーになります。

私は15年前から細々と継続しているブログがありますが、当時、SEO(検索エンジン最適化)対策のために相互リンクが流行しました。(いまは効果がないと言われています)

相互リンクの申し込みとともに、ノウハウを聞いてくるブロガーも少なくありませんでした。

私も当時は懇切丁寧にメールで教えていましたが、あれから10年以上経って生き残っているブログは皆無です。

先日、相互リンクを整理しようと、各ブログをネットサーフィンしました。しかし、途中で更新が止まったり、閉鎖されているブログがほとんどで、正直言って「私が教えた労力はなんだったのか?」と驚いたものです。

やはり、他力本願な人は長続きしないのかもしれません。

唯一続いているブロガーは40代で純資産1億円を突破!

現在も続いていたのは、何も質問してこなかった1ブログだけでした。

そのブロガーは現在40代の会社員で、15年間、投資の経験を記事に書き続けた結果、いまは純資産が1億円を超えたことがブログに記述されています。

ブログのノウハウにこだわる余り、肝心の記事内容がスカスカなブロガーは意外に多いものです。内容が薄いために訪問者は伸びず、いずれ、そういうブログは閉鎖されることになります。

ブログのノウハウは書き進める過程で覚えたらいいのです。ノウハウよりも、何が他人に役立つ価値ある情報なのか、日々、考えながらブログを更新し続けることが何よりも重要です。

まずは実行する。そして失敗を重ねる。

これしかブログで稼ぐ方法はないと思っています。

失敗からブログを学ぶ覚悟のあるブロガーだけが、最後には成功すると確信しています。

サラリーマンの副業はネットビジネス以外はありえない!【副業ランキング】
副業と言っても働きながらできる仕事は限られている 政府が推奨する副業のすすめの理想と現実 2018年は政府が副業を推奨し、「副業元年」と言われました。 少子高齢化による人手不足を解消する方策として浮上した副業のすすめですが、働く側の視点に立つと、別の現実が見えてきます。 現在雇われている会社以外に、別の会社で働く副業というのは、ふたつの会社の指示に従う生活になるわけです。 他人に雇用されて働く生活は、大変なストレスです。ましてや、2つの会社に雇用され、指示をされて働くことは、二重のストレスに耐える生活を意味します。 人間はロボットではありません。 仕事は体力的苦痛よりも精神的...

コメント

テキストのコピーはできません。