高級コンデジのソニーRX100M7とライカC-LUXを徹底比較!頂上対決の結論は

スポンサーリンク

SONYの新型RX100M7が発売直後から驚きの大人気!

ソニーRX100M7が「圧倒的な大差をつけての1位」

ソニーの高級コンデジRX100M7が8月30日の発売早々、大人気となっています。

マップカメラが9月9日に発表した「新品デジカメ8月ランキング」で、いきなりトップに躍り出ていました。(参考:マップカメラ

  • 1位 ソニー RX100M7
  • 2位 ニコン Z6
  • 3位 EOS RP
  • 4位 ソニー α6400
  • 5位 ソニー α7 III 
  • 6位 オリンパス Tough TG-6
  • 7位 リコー GR III
  • 8位 富士フイルム X-T3
  • 9位 キヤノン EOS R
  • 10位 キヤノン SX620 HS

マップカメラは「コンパクト機が、わずか数日の販売にもかかわらず、2位に圧倒的な大差をつけての1位という信じられない現象が起こりました」と驚きをもって伝えています。

なぜ、コンデジのRX100M7がこれほど人気なのでしょうか?

売り出し価格が約14万円!高級コンデジが人気の理由とは?

コンデジにもかかわらず、RX100M7は売り出し価格が約14万円と、決して安くはありません。

むしろ、高すぎると感じる人が多いはずです。

それでも売れているのは、軽量コンパクトなコンデジでありながら、フルサイズミラーレスカメラと同等の性能を詰め込んだ点が評価されたのだと思われます。

私は旧型のRX100M5を所有していますが、それでも十分な機能・性能です。

さらに磨きをかけたわけですから、良いものを作れば、きちんと売れる物づくりの基本を見ているようでもあります。

ソニーのRX100M7については、先月、「SONYの高級コンデジRX100M7は最強の旅カメラ!」と題して、そのスペックの凄さをご紹介しました。

SONYの高級コンデジRX100M7は最強の旅カメラ!α9並みAF性能と望遠ズームで運動会にも最適
SONYが驚愕の高級コンデジ「RX100M7」を発売! 私が旅先でスマホではなくコンデジを利用するのか? いまや、旅行でもスマホで記念写真を撮る時代です。 ですから、コンデジが衰退し、カメラメーカーは高くて大きなフルサイズミラーレスカメラに開発・販売の力点を置くようになりました。 しかし、スマホにはクレジットカード情報など様々な重要な個人情報が詰まっています。 スマホが高値で転売されている海外などでは「はい、ポーズ!」と言った瞬間、スラれる恐れもあります。 しかし、個人情報が入っていないコンデジならば、最悪、盗難や強奪の被害にあっても個人情報が流出する心配はありません。 ですから、我が家ではリスクも考慮して旅行先ではコンデジを利用するようにしています。 私が旅先で利用する頻度が高いのが、ソニーのRX100M5です。昨年夏のタイ旅行でも大活躍してくれました。 (func...

今回は、ライカC-LUXと比較し、高級コンデジの頂上対決をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

ソニーRX100M7とライカC-LUXを徹底比較

ソニーRX100M7は”ミニα9”!圧倒的な高スペック

ソニーRX100M7は、フルサイズミラーレスのフラッグシップα9に匹敵する”ミニα9”とも呼ばれています。

主な特徴は次の通りです。

  • α9やα7シリーズにも搭載されている画像処理エンジンと新開発イメージセンサー
  • α9に匹敵する最高20コマ/秒の連続撮影。高精度のAF/AE追随
  • 人や動物にも追随するリアルタイム瞳AF
  • 35mm判換算24-200mmの高倍率ズーム
  • スタイリッシュで軽量コンパクトなボディ
  • 180度チルド式の液晶モニターで自撮りにも便利

RX100M7は世界最速0.02秒の高速AFを搭載しているので、ピンボケの心配がありません。ズームレンズは望遠端が200㎜。旅行や運動会の撮影にも便利なコンデジです。

動画機能も優れています。4Kでも30分以上の長時間撮影が可能で、手ブレ補正も内蔵されています。

高性能な技術を詰め込みながら、本体サイズは幅約10㎝。重さは約300g。超コンパクトです。

まさに、死角のないコンデジと言っても過言ではありません。

ライカC-LUXは360㎜の超望遠とデザイン性に特徴

一方、ライカC-LUXの特徴は360㎜の超望遠。ズーム域が24〜360㎜と、RX100M7の24〜200㎜を上回っています。

動画の連続撮影時間や静止画の撮影枚数も上回り、これはバッテリー容量の差が反映されているものとみられます。

さらに、ボディカラーはライトゴールドとミッドナイトブルーの2色から選ぶことができ、デザイン的にも優れています。

ライカブランドらしい所有欲を満たしてくれるカメラといえます。

基本的なスペックや価格を比較したのが、下記の表です。

ライカC-LUXソニーRX100M7
発売日2018年7月28日2019年8月30日
市場価格(価格.com)141,580円
撮像素子1型MOS1.0型CMOS
有効画素2010万画素2010万画素
焦点距離24mm~360mm24mm~200mm
F値F3.3~F6.4F2.8~F4.5
手ブレ補正
動画撮影4K/Full HD4K/Full HD
最長撮影時間約50分約40分
モニター画面/ドット数3インチ・124万ドット3.0インチ・92.1万ドット
撮影枚数370枚260枚
Wi-Fi
Bluetooth
サイズ(幅×高さ×厚み)113×67×46㎜101×58×42mm
重さ(バッテリー含む)約340g約300g
価格.com最安値(9月10日)12万9800円 13万6639円
※C-LUXのミッドナイトブルー色は最安値が13万7120円 

ご覧のように、高級コンンデジだけあって、双方とも価格は10万円台と高めです。

ライカC-LUXは発売から1年以上を経過したにもかかわらず、高値水準で推移しているのは、やはりライカブランドのなせる技かもしれません。

ライカの最安デジカメを購入した!ライカC-LUXとソニーRX100M5を徹底比較!【レビュー】
私の趣味はカメラです。 とくに、ミラーレスの先駆者ソニーや伝統あるフィルムメーカーであるフジフィルムのカメラを所有しています。 2019年1月、ライカのデジタルカメラ・LEICA C-LUXを購入しました。 発売されたのは2018年8月。ライカのラインナップの中では、比較的、新しいカメラです。 高級コンデジとしては、昨年購入したソニーRX100M5に続いて2台目になります。 なぜ、ライカのC-LUXも購入したのか? その理由も含めて比較レビューしたいと思います。 ソニーRX100m5を所有する私がライカC-LUXを購入した理由 Audiがデザインした小型軽量のコンデジ ライカC-LUXは、2000万画素の高性能なセンサーを搭載し、高性能レンズ「ライカDCバリオ・エルマーf3.3-6.4/8.8-132mm ASPH.」を使用した高級コンデジです。デザインはアウディ...

ソニーRX100M7とライカC-LUXの頂上対決!最終的な結論

一言でいうと、ソニーRX100M7は世界最速の高速AFなど最新技術が詰め込まれたコンデジです。

一方のライカC-LUXはパナソニックのOEMですから、パナソニックの技術とライカブランドをミックスしたコンデジです。

その意味では、日本の2大家電メーカーの代理対決ともいえます。

サイズはRX100M7の方が幅が1㎝余り、重量は40gほど軽量コンパクトです。

ただ、小さければ良いというものでもありません。

私は同サイズのRX100M5を所有していますが、小さすぎるため、私の手にはライカC-LUXの方が馴染みます。

世界最高速のオートフォーカス(AF)を搭載し、人だけでなく動物にも瞳AFが対応する点など、スペックはRX100M7に軍配が上がります。

一方で、C-LUXは360㎜の超望遠ズームなので、運動会やスポーツ競技など被写体が遠い場面でも心強いコンデジです。

最新技術のRX100M7か、それとも超望遠を備えたライカブランドのC-LUXか。

自分の撮影環境や用途に照らして選べば、どちらも買って後悔はない高級コンデジだと思います。

ソニーRX100M6はブログに最適なカメラかもしれない
写真画像でコンテンツを分かりやすくするブログが主流写真でブログを分かり易くすることが必要不可欠本当かどうかは分かりませんが、かつてはGoogle AdSenseの審査に合格するためには、写真など画像を貼るのは控えた方がいいと言われていました

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました