アマゾンがアップル新製品も販売へ!新型iPhoneXRではなく型落ちiPhone8が選ばれる理由

スポンサーリンク

iPhoneXR苦戦の原因は値段の高さか

新型のiPhoneXRは廉価版と思えない価格

私は普段、アップル製品を多用しています。iMac、MacBook Pro、iPhone8&7、そして今月下旬には新型のiPad Proが届く予定です。

アップル製品は洗練されたフォルムと、ユーザーフレンドリーな機能にひかれ、ついつい購入してしまいます。

私は新製品をアップル・ストアで購入していますが、今後、購入先の選択肢が広がりそうです。

ロイターなど米メディアが、米国のアマゾンがアップルの「iPhone」や「iPad」の新機種を販売すると報道しました。

アップルにとっては旧型だけでなく新製品も販路が広がるので、ありがたい話だと思います。

しかし、最近のアップル新製品は値付けが高すぎます。

アップル製品が大好きな私でも、この秋発売された新型iPhoneXSやXS Maxには、値段を見て触手が動きませんでした。

廉価版のiPhoneXRはiPhone8より1万7000円高い

さらに、先日発売された廉価版のiPhoneXRは、廉価版と思えない価格でした。

例えば、256GBモデルの価格(税抜き)は、次の通りです。

iPhone8iPhoneXSiPhoneXS MaxiPhoneXR
8万4800円12万9800円14万1800円10万1800円

iPhoneXSとXS Maxは税込みだと13万円〜15万円ですから、Windowsなら高性能なパソコンが買えてしまう値段です。

私は以前、iPhoneXSが高すぎるので、XS発売と同時に1万円ほど値下がりしたiPhone8を購入したと書きましたが、Apple信者は別として、新型はおいそれと簡単には買えない値付けです。

廉価版のiPhoneXRですら、iPhone8より1万7000円も高額です。最近、iPhone8がよく売れているという記事を目にしましたが、「やっぱり」という気がします。

アップルの新型iPhoneXSをレビュー!iPhone8と比較してみた
アップルファン待望の新型iPhoneXSが発売されました。 先日、私は1万1000円値下げされた旧型機種iPhone8を購入しましたが、やはり、iPhoneXSも気になります。 そこで、早速、実機を触ってきました。 新型iPhoneXSのカメラは驚きの高機能だった iPhoneXSの有機ELディスプレイは確かに美しい 今回発売されたiPhoneXSは、256GBモデルが税別で12万9800円。一方、今回値下げされたiPhone8は8万4800円です。 実に4万5000円もの価格差があります。 ですから、私はiPhone8に割安感を感じ、直ちにSIMフリー版を注文。それに楽天モ...
スポンサーリンク

アップルの高額化路線は進むのか

iPad ProとiPhoneXSは価格が逆転した

さらに、iPhoneXSやiPhoneXRを7日に発売されたiPad Pro11と比較してみます。

すると、iPhoneXSの値段はiPad Pro11や12.5を上回っています。(表は256GBモデル)

iPad Pro11iPad Pro12.5iPhoneXSiPhoneXR
10万6800円12万8800円12万9800円10万1800円 

いまや、新型iPhoneは、IPad Proよりも高価なモバイルなのです。

先日、アップルが新型iPhoneXRの製造を委託している台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業などに増産の中止を要請したと日経が伝えていましたが、販売不振の大きな理由は廉価版とは思えない中途半端な価格にあるのではないでしょうか。

高額化するアップル製品の購入術

このところ気になるのは、アップルが販売台数の減少を単価引き上げで補っているということです。

2018年7~9月期決算は、iPhoneの販売台数が前年比横ばいなのに、純利益は前年同期比32%増でした。これは販売単価の引き上げ効果です。

米国はいま、インフレ気味なので値段の上昇は当然という見方もあるかもしれません。

しかし、アップルが単価の引き上げに味をしめて、今後も高価格化を突き進むのであれば、私は次の新型発表でも、iPhone8のように型落ちとなって値下げされたiPhoneXSを選択するかもしれません。

そんなことを妄想しているうちに、早くも次の新型iPhone発表が待ち遠しくなってきました。

 

アマゾンで販売されているApple製品

テキストのコピーはできません。