私がGoPro HERO7 Blackを買った理由!唯一の弱点は?

とうとう、私も最新型のアクションカメラ「GoPro HERO7 Black」を注文しました。

すでにGoPro6を持っているので、迷いに迷いました。

しかし、GoPro7の進化は素晴らしく、結局、GoPro7の魅力には勝てませんでした。

【GoPro】私がGoPro HERO7を購入したい理由
リタイア生活を満喫するには、3つの条件があると考えています。 ひとつは、生活に困らない程度の経済的ゆとり。 もうひとつは、健康と家族との良好な関係。 そして、もう一つは、熱中できる趣味です。 私の趣味のひとつはカメラですが、9月20日に私の心を乱すようなアクションカメラ「GoPro HERO7 Black」が発表されました。 現在、最新型の「GoPro HERO6 Black」を使っていますが、HERO7の機能を見て、俄然、購買意欲を刺激されています。 驚きの手ブレ補正機能!ジンバル要らずの動画撮影が可能 リタイア生活にGoProが重要な理由 私は現在利用している「GoPr...

なぜGoPro7に手を出してしまったのか?

本当に良い買い物だったのか?

新型GoPro7の魅力と弱点に迫りました。

スポンサーリンク

新型「GoPro HERO7」はGoProの完成形かもしれない

海外旅行で大活躍したGoPro6

すでに、所有しているアクションカメラ「GoPro6」の魅力を数え上げたらきりがありません。

ヨコ幅約6センチ、高さ4.5センチ、重さは110グラム余りの超小型軽量でありながら、動画・写真ともに高画質です。

動画は長時間撮影も可能で、4K60Pという高性能一眼ミラーレスにも匹敵する性能を備えています。 

そんな超小型軽量の高性能カメラですから、この夏のタイ・バンコク旅行ではリュックのショルダーベルトの胸上部分にマウントして、両手フリーで動画撮影できたので、非常に助かりました。

「それならGoPro6で十分じゃないか」

自分自身、そんな内なる声もあったのですが、「買わずに後悔するよりも買って後悔しよう」と購入を決めました。

GoPro6の弱点をことごとく克服したGoPro7

海外旅行で大活躍したGoPro6でしたが、不満もありました。

整理すると、以下の通りです。

  • 4K動画撮影では手ブレ補正が効かない
  • マイク性能がいまいちで動画の音質が悪い
  • バリアングルではないので自撮りができない

この3つが克服されれば、プロも利用しているミラーレス一眼レフ・パナソニックGH-5以上の名機になると思っていました。

何と言っても、あの小ささ、携帯性は、どんなカメラもかないません。

そう思っていた矢先、9月27日に発売された「GoPro HERO7 Black」は、HERO6の弱点をことごとく改善していました。

まず、スタビライザー(手ぶれ補正)機能は、もう、これ以上必要ないというくらいのレベルで、これからは重く高価なジンバルを購入する必要がありません。

GoPro HERO7とiPhoneXSの動画性能を比較
最近、YouTuberを中心に動画ファンには大きなニュースが2つありました。 ひとつは、Appleが9月21日に発売したスマートフォン「iPhoneXS」。もうひとつは、同月27日に発売された小型アクションカメラ「GoPro HERO7 Black」の登場です。 どちらも、その性能の高さから完成形と言っていい機種です。 とくに動画性能は大きく進化していて、どちらも携帯性に優れていることから、旅行や登山、ハイキングのお供に抜群の利便性です。 というわけで、私だったら、どちらを購入するのか? 今回は、動画性能を中心に比較してみました。 スペック向上という点ではGoPro7が上回った ...

最も感動したのは音質の改善!

GoPro6を使っていて、最も不満だっったのは音質の悪さです。

おそらくGoProの製品開発にあたっては、画質や防水性能の向上に傾注するあまり、マイク性能は後回しにされてきたのかもしれませんが、動画は画像と音声がセットになって満足した映像になるものです。

音声が悪いと、せっかくの動画も何か物足りないものです。

ところが、今度のGoPro7は、その音声を驚くほど鮮明な音質に改善してきたのです。

この音質の改善は、ビデオ市場にも大きな影響を与えるかもしれません。

というのは、音声が改善されたら、もう家電で売っているようなビデオカメラは必要ないからです。

まだ、ビデオカメラが勝っている点ではズーム機能でしょうか?

運動会の撮影にはGoProは向いていないのかもしれませんが、子どもたちが大きくなった私には、手のひらに収まるGoPro7があれば、もうビデオカメラへの散財は終了しそうです。

スポンサーリンク

GoPro7はコストパフォーマンスが抜群

高性能・高機能なのに初値は下がった!

というわけで、私が感動した「GoPro HERO7 Black」ですが、私が注目した性能を整理してみました。

  • 強力な手ブレ補正機能「HyperSmooth」を搭載
  • ユーチューブなどでライブ配信できるライブストリーミング
  • 最大30倍までスピードアップできるでタイムラプス「TimeWarp」
  • 高画質な 4K60p ビデオが可能
  • 動画や写真をスマートフォンに自動転送
  • ステレオ録音・風切り音低減

これだけの機能が詰め込まれて、GoPro7の初値は5万3099円(税込み・価格.com)で、現在もこの前後の水準で推移しています。

一方、GoPro6の初値は5万7033円(税込み)だったので、4000円ほどプライスダウンで発売したことになり、コストパフォーマンスにも優れています。

GoPro7の裏技と残った弱点

私の最後の不満「バリアングルではないので自撮りができない」という点については、GoPro7の新たな機能で克服する裏技があります。

スマホの上部にGoPro7をマウントして、GoProアプリで動画を自動転送すると、撮影している映像がスマホの画面に映し出されるので、バリアングルのような仕様に様変わりします。

これはユーチューバーのドリキンさんがスマホにGoPro7を据え付けて実践していたので、GoProのソフト面の向上に感心しました。

これで、以下の不満点はすべて解消されました。

  • 4K動画撮影では手ブレ補正が効かない
  • マイク性能がいまいちで動画の音質が悪い
  • バリアングルではないので自撮りができない

しかし、数少ない課題が残っています。それは何か?

これはセンサーサイズの小さいGoProの宿命かもしれませんが、暗所撮影に弱いということです。

GoPro7は相当、暗所性能が向上しましたが、それでも室内での料理の映像はやや黒みがかった映像のため、美味しそうに見えません。

ただ、これは今後、ファームアップで改善される可能性もありますので、このくらいは目をつぶってもいいと考えています。

GoPro HERO7 Black 公式ページ

3軸スタビライザー搭載のOsmo Pocketを注文!GoPro HERO7 Blackと徹底比較
私は今年10月、超小型アクションカメラ「GoPro HERO7 Black」を購入しました。 ところが、その1カ月後、ドローンで有名なDJIが、手ブレを防ぐスタビライザー一体型のビデオカメラ「Osmo Pocket」を発表しました。 発売価格は4万4900円(税込)。GoPro HERO7 Blackより約8500円も安く、さらに小型化して高性能というもっぱらの評判です。 私の悪い癖でもある好奇心と物欲から、思い切ってOsmo Pocketを注文しました。 GoPro HERO7 Blackを所有している私が、なぜ、Osmo Pocketを購入したのか。徹底比較しながら説明したいと思い...
テキストのコピーはできません。