2019年買って良かったカメラ発表!RX100M7はソニー快進撃を象徴する高級コンデジ【後編】

旅行
スポンサーリンク

2019年もソニーが快進撃!その象徴的カメラとは?

ソニーがカメラ販売台数でニコンを抜いて2位に浮上

長年、カメラ業界はキヤノンとニコン2強時代が続いてきました。

しかし、小型軽量なミラーレスカメラの技術革新に取り組んできたソニーが販売台数で業界2位のニコンを抜く見通しとなりました。

現在の社名であるニコンを初めて製品名にしたカメラを1948年に発売してから71年。ニコンの代名詞であるカメラ事業が揺らいでいる。デジタルカメラの販売台数シェアでソニーに抜かれ、2020年3月期は100億円の赤字(前期は220億円の黒字)と現在の事業区分になって初の営業赤字に転落する見通し。カメラの市場縮小が止まらない中、構造改革を進めつつ、工作機械への新規参入など新たな成長策を模索している。(出典・日本経済新聞「ニコン、カメラ3位転落の苦悩」)

2018年初めに高性能で低価格のフルサイズミラーレスα7Ⅲを発表して以来、快進撃を続けるソニーですが、とうとうキヤノン・ニコンの2強時代に終止符を打とうとしています。

「家電屋のカメラ」

キヤノンやニコンの一眼レフが人気の時代、ソニーのミラーレスカメラはこう揶揄されました。

しかし、ミラーレスは文字通り重いミラーのないカメラですから、小型軽量化が可能です。

そのミラーレスに技術革新を重ねた結果、その性能・機能面で一眼レフカメラに引けを取らない水準に成長し、むしろ、小型軽量という使い勝手の良さに注目が集まり、時代はすっかりミラーレス時代に移行しました。

ソニーに対抗するため、キヤノンやニコンは昨年後半、フルサイズのミラーレスカメラを発売しました。

しかし、カメラボディーの機能・性能やミラーレス用レンズの品揃えはソニーに遠く及ばず、2019年は逆に返り討ちに会う結果でした。

何事もコツコツと継続することの重要性を見る思いです。

SONYα7Ⅲの登場でカメラの歴史が変わった
ミラーレスカメラが主流の時代へ 一眼レフとミラーレスの大きな違いとは 私はリタイア生活に入ったら、思う存分、カメラを楽しみたいと考えています。 そのために、いろいろなメーカーを調べ、結局、選んだのはソニーとフジフイルムのカメラでした。 今年、日本のカメラ業界は猛烈なフルサイズ・ミラーレスカメラを巡る激しい競争時代に突入しました。 カメラには「フィルムカメラ」と「デジタルカメラ」がありますが、現在売り出されているのはほとんどが「デジタルカメラ」です。 デジタルカメラは、画像をデジタルデータで管理するため、フィルムカメラのように現像する必要がなく、ランニングコストが安いのがメリットです。 しかも、メモリーカードの容量が許す限り、何枚でも撮影でき、失敗も気になりません。 ミラーレスカメラは小型軽量 現在主流のデジタルカメラですが、その種類は、一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパ...

2019年はソニーが長年の技術蓄積を爆発させた1年だった

2019年は、ミラーレスの雄ソニーが長年蓄積した技術力を一気に爆発させた1年といってもいいでしょう。

9月には有効画素数6100万画素という驚くほどの高画素機α7RⅣを発売。店頭価格40万円近くにもかかわらず、売り上げベスト10に食い込みました。

小型軽量なボティに、高速で正確に追従するAF(オートフォーカス)性能を載せ、高画素機には難しいとされる最高約10コマ/秒の高速連写性能を搭載。多くのカメラファンのサプライズと所有欲を呼び起こしました。

そのソニーが今年、最も驚きを与えたのは高級コンデジのRX100M7だったと思います。

コンデジなのに、プロ機α9と同等の高速・AF性能だったからです。

フルサイズミラーレスのα9はスポーツ撮影などプロカメラマン用に製造されたカメラで、価格も2017年5月の発売時は48万円超でした。

そのα7に匹敵するAF性能を300gの小さなコンデジに搭載したのですから、多くの驚きと人気を博したのは当然です。

というわけで、今年買って良かったカメラNo.1は高級コンデジのRX100M7です。

私がソニーRX100M7を購入した理由!旅行や日常生活に重宝する高級コンデジの完成形
私が散歩やドライブなどちょっとした外出に携帯しているカメラはソニーRX100M5という高級コンデジです。 発売時10万円以上のコンデジは一般的に高級コンデジと呼ばれています。 高級コンデジは値段が高いだけでなく、オートフォーカスの速さや画質などレンズ交換式のミラーレスカメラに勝るほど機能・性能が高品質である点も特徴です。 その中でも、人気実力ともに頂点に立つのが、ソニーのRX100シリーズと言っても過言ではないと思います。 私は2016年に発売されたRX100M5に加えて、8月30日に発売されたばかりのRX100M7を注文しました。 ソニーRX100M7は発売早々、人気ナンバーワンとなった注目機種です。(参考:マップカメラ) なぜ、私も購入したのか、RX100M7の魅力も含めて説明したいと思います。 ソニーRX100M7は高級コンデジの完成形 RX100シリーズはM5に...

RX100M7がなぜNo.1なのか?

買ってみて分かった魅力を説明したいと思います。

スポンサーリンク

ソニーRX100M7は幅広い用途に対応できる万能機

私にとってRX100M7は最後のコンデジになりそうだ

RX100M7は購入後、その画質を確認するため、何度か散歩に持ち出して撮影しました。

結論から言うと、「もう、これ以上の性能や機能は必要ない」と感じるコンデジでした。

早期リタイアの特権は平日のフォトウォーク!ソニーRX100M7は最高のスナップカメラ
先日、スナップ用にソニーの高級コンデジRX100M7を購入したことをお伝えしました。 今回、その実力を確かめるために、晴天時と夜間の撮影に持ち出してみました。 重量300gでポケットにも入る軽量コンパクトなサイズ。AF性能はソニー最上級α9同等。 なんとも魅力的なスペックのコンデジタです。 今回の撮影で問題がなければ、今後は常時バックの中に忍ばせておこうと考えていますが、結論から申し上げると、最高のスナップカメラでした。 というわけで、今回は大人気のRX100M7が描き出す世界を紹介したいと思います。 都会のオアシス・目黒川から恵比寿をフォトウォーク 目黒川のせせらぎと水鳥、一面の秋晴れに癒される フォトウォークの出発地点は東京・目黒区の目黒川。 3連休の翌日11月4日午後から撮影を開始しましたが、その日は川べりをランニングしている外国人女性らも多く、のどかな時間...

私はカメラの理想的な条件は次の6つだと考えています。

  • 小型軽量
  • オートフォーカス(AF)が高速かつ正確
  • 高画質
  • 時間無制限で4K動画の撮影が可能
  • 手ブレ防止機能を搭載
  • 液晶モニターはバリアングルか180度チルド式(自撮り対応)

RX100M7は全ての条件を満たしていました。

理想的なカメラの条件を満たしているうえに、焦点距離が24〜200㎜(35㎜判換算)と望遠域もカバーしています。

ですから、旅行や散歩だけでなく運動会やスポーツ競技にも使用範囲が広がります。

しかも、サイズは幅約10センチ、高さ6センチで、重量も約300と、超コンパクトです。

どんなに高級・高性能なカメラでも、バックに入れるとかさ張り、持ち出すのが億劫になるのでは意味がありません。

カメラは、いつ、いかなる時でも持ち出しやすく、手元にあることが重要です。

その意味で、RX100M7は日常的に常に相棒となって幅広い用途に活躍できるカメラだと感じました。

RX100M7の唯一の弱点とは?SmallRigの専用ケージで対策

高級コンデジRX100M7にも超軽量コンパクトなゆえに弱点があります。

それは小すぎて落としそうになることです。

ですから、何らかのアタッチメントがあれば、カメラの握った際のフィット感が高まり、落とすリスクや撮影のしやすさが向上します。

私はRX100M7購入直後にサードパーティ製のグリップを購入しました。(下記写真参照)

Amazonで2000円余り。安かったので購入し、純正アタッチメントよりホールド感が増しました。

iPhone11 Proで撮影

ただ、どうしても気になったのは、グリップとレンズ外側の間隔が狭くなるので、少し指の爪がレンズ外側に触りそうになる点でした。

そこで新たなアタッチメントを購入し、試してみました。

それが「SmallRig」のRX100M7専用ケージです。

 

これはレンズ外側と指も間隔も広いため干渉することはありません。しかも、小指も余らず、より一層グリップ力も向上しました。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました