無料で儲け方を教える系SNSは詐欺だと思え!「在宅スマホ副業で7日で20万円稼げる人続出」なわけがない!消費者庁が注意喚起

スポンサーリンク

ツイッターなどSNSが詐欺師の道具と化している

消費者庁がSNSを利用した悪質な業者とそのやりとりを公表

「たったの1週間で 22 万円」。TwitterなどSNSでよく目にする儲け話。

そんな簡単に稼げたら誰も苦労はしません。しかし、簡単に稼ぎたいという人を狙って、悪質な業者が跋扈しているため、消費者庁が動きました。

消費者庁は、「株式会社トップ」(東京都渋谷区)が「在宅スマホ副業で7日で20万円稼げる人続出中!」などとうたって、自動集客システムの使用料として多額の費用を支払わせていたとして、消費者安全法に基づいて注意を呼びかけました。

この株式会社トップは、住所が東京都渋谷区初台一丁目 45 番2号プライムメゾン初台 14F 。代表者は船木 宏一です。

消費者庁は「スマートフォンを用いた在宅での副業で短期に高額の収入が得られるとうたう事業者に関する相談が各地の消費生活センター等に数多く寄せられています」と強調。被害が拡大しないように業者と被害者のやりとりも詳しく公表しました。(消費者庁の発表資料

最初は無料!稼げると思わせ、高額なシステム使用料を要求

今回の手口は、消費者庁の説明を読むと、そこらじゅうに蔓延する騙しのスキームです。それだけに、消費者庁は危機感を抱いたのかもしれません。

SNSを使って無料体験に誘い込み、稼げると思い込ませ、情報商材の広告をインスタグラムに自動投稿するシステムの使用料20万円を支払わせていたというものです。

誘い込む順序は、最初SNS、次にLINE、そして電話勧誘と、騙しの方程式通りの手法です。

私のツイッターにも儲け話や副業のアドバイスなどを無料提供するというダイレクトメッセージがたびたび届きます。

文面を見ただけで詐欺的商法だと分かるので無視していますが、意外に騙される人は多いようです。

私が詐欺的商法と感じるポイントは次の通りです。

  • 私は簡単に稼げた」という趣旨の文言
  • 「無料モニター」や「無料体験」「無料セミナー」など「無料」の文言
  • 「LINE登録」

こうした言葉が入っていたら、まずは詐欺だと思うことにしています。

ツイッターのダイレクトメッセージは要注意!

最近、最も注意が必要なのはツイッターです。

ツイッターのフォロー返しをしてあげると、突然、ダイレクトメッセージ(DM)がお送られてくることがありませんか?

人の好意を逆手に取った罠なので、とても腹が立ちます。まず、まともなDMを見たことがありません。

たとえば、最近、送られてきたDMは、こんな感じです。

このメッセージには、先ほどの「詐欺的商法と感じるポイント」が揃っています。この短い文章の中に「無料」が5回も登場します。LINEもあります。

そもそも見ず知らずの人に「無料」で稼ぐ方法を教えること自体が怪しいと誰でも気づくはずです。

スポンサーリンク

「タダほど高いものはない」この言葉が騙されないエッセンス

深みにハマる第一歩は「無料」という親切

詐欺的商法には共通項があります。

それは最初は「無料」をエサに誘い出すということです。

「無料セミナー」「無料メルマガ」「無料体験」「無料相談」・・・

無料で済むはずがありません。

詐欺師の餌食になるのは、お金を欲しがっている人たちです。

お金が欲しい人たちは、お金を投資したくはありません。できれば、「タダで稼ぎたい」と考えています。ですから「無料」は魅力的な言葉に響きます。

まず、「お金を支払いたくない」という心理を逆手に取って、懐に入り込んできます。

無料で誘ったあと、次のフェーズは「これは稼げるかもしれない」と信じ込ませることです。

もともと、お金を稼ぎたいと思っている人たちなので、一度信じると、今度は疑うことよりも、稼げる期待感が上回ります。

期待を持ってしまうと、次は有料だと言われても、すぐにお金は回収できると思い込み、悪質な業者の筋書き通りに罠にはまってしまうのです。

「無料」をエサにLINE登録、そして電話勧誘

今回、消費者庁が注意喚起した「株式会社トップ」(東京都渋谷区・船木宏一代表)の手口は、まさに、その方程式通りでした。

消費者庁の発表を要約すると、以下のようなやりとりです。

被害者のAさんは、SNSを通じて副業で利益をあげていると称する女性Bと知り合った。
Bから「私も最初は軽い気持ちでしたが、5分の作業でその日のうちに3万円もGETしてしまいました」「その後、たったの1週間で 22 万円」「1ヶ月で 100 万円を超えました」 などのメッセージが届き、Aさんは無料モニターに誘われる
業者(トップ)のWebには「在宅スマホ副業で7日で 20 万円稼げる人続出中!」「サイドビジネスランキング第1位」「ユーザー満足度第1位」などの記載。さらに、5日で15万円を達成した成功事例や1日10分作業するだけで月収40万円の体験談も掲載されていた。
無料モニターに参加するためには、業者(トップ)のLINEに友だち登録が必要と説明され、AさんがLINE登録すると「1日5分で2万円以上稼げる副業を紹介しています」「現在人気のために、紹介に限り無料モニター参加が可能です」「無料モニター希望の方は紹介者の名前をLINEしてください」とLINEメッセージが届く。
LINE登録すると、業者(トップ)から自動システムが Instagramを使って集客し、 LINE に顧客を誘導するので、顧客にマニュアル(情報商材)を送れば、1件あたり5000 円の報酬が得られると説明される。
次に、Aさんが顧客と連絡を取るためのLINE~ID を伝えると、2時間の無料モニターが始まった。その無料モニターの最中に複数の顧客が誘導されたため、Aさんは業者(トップ)の運営する自動システムを利用すれば簡単に稼げそうだと思い込む
無料モニターが終了すると、業者(トップ)はAさんに報酬の受取方法や情報商材の渡し方などを電話で説明したいとLINEメッセージを送信する。
Aさんが承諾すると、「システム運用のために初期費用が20万円掛かりますが、20万円はすぐに稼げます」「このシステムを使用すれば1週間で20万円は普通に稼げます」「システム料を負担しても、10 日間ほどで支払ったシステム料を稼ぐことができます」「ほとんどの人が 10 日間で元を取っています」「稼いでいる人は月に100 万は超えています」 などと執ように自動システムの使用料支払いを勧誘する。(業者は仕上げに入っている!)
Aさんは、10日間で元が取れるなら損はしないと思い込み、自動システムの使用料をトップに支払う。

説明通りの成功例は確認できず

今回の調査で、消費者庁は株式会社トップの宣伝通りに収益を上げた消費者を確認できなかったということです。

消費者庁は「トップ以外にも、誰でも簡単に稼げるかのような表現を用いて勧誘する事業者に関する相談は数多く寄せられているため、今後、別の事業者が今回の事案と同様の手口で消費者被害を引き起こす蓋然性は高いと考えられます」とコメントしています。

つまり、簡単に儲かる副業をうたう業者が他にもたくさん存在するため、同じような被害が発生する可能性が高いと見ているわけです。

最後に、私が詐欺的商法だと感じるポイントをもう一度説明しておきます。

  • 私は簡単に稼げた」という趣旨の文言
  • 「無料モニター」や「無料体験」「無料セミナー」など「無料」の文言
  • 「LINE登録」

くれぐれも騙されないようにして欲しいと思います。

人生100年時代のリスク回避術!だまされる人には共通点がある!
世の中はだます人で溢れていることを認識すべきだ! リタイア生活で知った騙す人たちの多いこと リタイア生活を始めて最も感じているのは、世の中には詐欺的な商法が多いということです。 例えば、格安SIMや光回線を契約すると、頼んでもいないオプションが選択された形で契約されていて、契約後すぐに解約しないと課金されてしまう手口もその一つです。 お年寄りはうっかりオプションの解約を忘れて泣き寝入りしているのではないかと心配してしまいます。業者は、そんなうっかりを期待しているのかもしれません。 さらには、昼間にリサイクル業者を名乗る女性から「何か不要なものはありませんか?」と親切そうな電話が入...
テキストのコピーはできません。