人生経験を武器に早期リタイアする方法!特技がなくても副業で成功できる

スポンサーリンク

早期リタイアするために忘れていけない大原則

他人に雇用されている限り不自由な人生は覚悟が必要だ

早期リタイアしてから実感していることがあります。

それは段違いに心が解放されているということです。

他人に雇われることは、他人の利益のために他人が決めたルールの中で生きるということです。

雇われていると、会社が部品を調達してくれたり、商品を与えてくれるので、自分の職務だけをこなせば、売れようが売れまいが給料をもらえる気楽さはあります。

しかし、労働条件や労働環境は会社に決められ、上司も自分で選ぶわけにはいきません。

どんなに働き方改革が進んだとしても、人間集団の中で働く以上、サラリーマンは上司や同僚との不和や心の病と背中合わせの生活を甘受しなければいけません。

どんなに恵まれた給料をもらっているとしても、人生や心の切り売りを余儀無くされるのがサラリーマンという生き方なのです。

お金のために早期退職できないサラリーマン

私の周囲には、お金さえあれば、すぐにでも会社を辞めて自由に生きたいと公言していた同僚が驚くほどたくさんいました。

「宝くじが当たったら、こんな会社、明日にも辞めてやる」

ヤケクソなのか、こんな会話は何度聞いたか分かりません。

しかし、現実には、お金がありません。

にもかかわらず、副業で収入を増やそうと実行する人もまた少ないものです。

一方で、会社の仕事を一生懸命頑張ったとしても昇給は微々たるものです。

ラインから外れた社員は、近い将来、リストラや出向を覚悟しなければいけません。

中高年の多くは生気のない表情で仕事をこなしていました。

ですから、私は30代後半から、仕事にやりがいを失ったら、早期退職したほうが間違いなく有意義な人生になると考えていました。

しかし、多くが「お金がない」という一点で踏み切れないでいます。

とくに、副業などで自力で稼いだ経験のない人は、早期退職イコール生活苦という恐怖感さえ感じているのです。

その結果、会社で働く不快感と退職する恐怖感を天秤にかけて、会社で働く不快感を選択しているのが実情でした。

しかし、そんな選択で、人生の残された時間を消費するのは、実にもったいないことです。

自由に生きるために理想的なビジネスは何か?

会社を辞めても自由に生きるためには、自力で稼ぐビジネスが必要なのは当然の大原則です。

では、どんなビジネスであれば、自由な生活を実現できるのでしょうか?

それは間違いなく自分の商品を売るビジネスです。

自分の商品であれば、好きなときに作ってノルマも意識することなく生活できるからです。

小説家や作曲家は創作している間は多忙ですが、商品が完成してしまえば、あとは比較的自由な生活です。

サラリーマンであっても、週末を利用して商品を創作する才能があれば、自分のペースで副収入を得ることが可能になります。

いまはヤフオクやメルカリ、あるいはスキルのマーケット・ココナラなどネット上で自分の商品を売ることは容易な時代です。

経験がお金になる!スキルで稼ぐ方法は価値を与えて対価を得る原理原則だ【ココナラ】【ランサーズ】【クラウドワークス】
価値を与えて対価を得るのがビジネスの原理原則! 自分のスキルや経験がお金になるWebマーケット 副業といえどもビジネスです。 ビジネスの大原則は何でしょうか? それは「相手に価値を与えて対価を得る」ということです。 ですから、いくらセールスしても、価値のないものを売っていたのでは対価を払ってもらえません。 世の中には、セールストークだけで価値がないものを売っている人もいますが、そんな商品やサービスは消費者に愛想をつかれ、早晩淘汰されてしまいます。 しかし、サラリーマンや職人の多くは長年、経験を積み、価値あるスキルを身につけているものです。 仕事で得たスキルだけでなく、趣味で取り組んでいる楽器や作曲・作詞など相当なレベルに達している人も意外に多いものです。 今回は、スキルや経験といった価値を与えて対価を得るというビジネスの原理原則を形にしたようなフリーマケットを紹介した...

自分で商品をつくって売ることができれば、少なくとも、高齢になるまで、会社に定時出社し、残業も強いられるサラリーマン生活から離別することができます。

まずは自分の商品を作る。

早期リタイアの大原則は自分の商品を売るということです。

では、売るべき自分の商品がなければ、早期リタイアは厳しいのでしょうか?

そんなことはありません。

商品がなくても副収入を得ることは可能です。

スポンサーリンク

早期退職して自由になるために必要な最低限のビジネスとは?

「人生に無駄はなし」が実践できる場所がある

自分の商品がないサラリーマンは、どうやって稼げばいいのでしょうか?

商品は無形のものでもいいのです。

人生経験の中で得た知識や情報は立派なデジタル商品の素材になるのです。

コンテンツを直接買ってもらう課金方式で稼ごうと思えば、デジタルコンテンツを販売できるnotoを利用する方法があります。

notoは文章や写真、イラスト、音楽、映像など作者と読者をつなぐサービスで、ブログやSNSのように利用したり、コンテンツ販売にも活用できるサービスです。

または、純粋に自分のコンテンツ資産をつくりたいのなら、独自ドメインとレンタルサーバーを契約して、人生経験を素材にしたブログを書き続けるのが最も近道で理想的な方法です。

ブログは知名度がない人であっても、他人に役立つ経験があれば、記事更新を継続することでファンは増えるものです

収益源は広告です。

Google AdSenseの審査を通過さえすれば、自動的に最適な広告を表示してくれます。読者は検索エンジンのGoogleが見つけてくれますから、基本的に集客と広告はお任せできるのです。

あとは、コンテンツ作りに熱中するだけで収益が発生しますから、ブログは自由な生活を築きやすいのがビジネスだといえます。

ブログの収益化はGoogle AdSenseから狙え!
Google Adsenseでネット上のルールが学べるブログで収益化は難しくはないブログを書いて毎月副収入を得ることができれば、将来、失業することがあっても、自分の実力で生きていく自信がつきます。そのためには何をすべきなのか?まずは、とにか

ブログに重要なのは「速さ」と「継続力」だけ

ブログ運営に重要なことはなんでしょうか?

私は可能な限り、早く始めて、長く継続することだと考えています。

早めにブログを始めて課題を克服し、検索順位の上位に記事を表示させることが大切です。

ちなみに、当ブログも検索順位1位のクエリ(キーワードの組み合わせ)は18個になりました。これも迅速に始めて継続したからです。

迅速なスタートと努力の継続は、ブログに限らず、どんなビジネスでも成功者が心がけている共通点でもあります。

ですから、ブログといえども、立派なビジネスという覚悟と姿勢が必要なのです、

ブログには格別な秘訣はありません。

いろいろなテクニックを論じるブロガーもいますが、基本的に大切なのはコンテンツの素材となる自分の人生経験なのです。

最近のGoogleはアルゴリズムの変更で、テクニカル的な面よりも誰が書いているのか、記事の内容は充実しているのかといった点を重視する傾向にあります。

ですから、「小手先のSEOは通用しない」という人も増えています。

私は以前から中高年の早期退職が有利だと主張してきました。

中高年は貯蓄や年金といった経済的な面だけでなく、サラリーマン経験が長い分、コンテンツの素材もまた豊富だからです。

いろいろなブログを読んでいると、若い人のブログは商品の宣伝や物事の方法論はうまく書かれていますが、深みに欠けるものです。

それは人生経験が浅いから当然です。

たとえば、20代で脱サラしてフリーランスで大金を手にしたことを売りにするブロガーも少なくありません。

しかし、記事内容は浅いので、ついつい「残りの人生、いまの状態を続けることができますか?」と感じてしまいます。

一方、長い人生経験を背景にした人が書いた知識や知見は深いものです。

そんな地に足のついた知見や経験を身につけているのが中高年サラリーマンなのです。

ですから、ブログは「人生、無駄なし」という言葉がぴったりのビジネスだと考えています。

厳選10社のレンタルサーバー比較ランキング【2019年最新版】
昨年10月にブログやサイトに欠かせないレンタルサーバーの比較結果を配信しました。2019年になりましたので、料金やサービス内容の変更点などを修正したほか、私のレビューも加えて、改訂版として「厳選10社のレンタルサーバー比較ランキング」をまと

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました