準備不足だと本末転倒なリタイア生活が待っている

スポンサーリンク

リタイア前の準備がすべてを決める

準備期間は10年以上が理想的

私が将来のアーリーリタイアをイメージし始めたのは20年ほど前からです。

具体的な準備に入ったのは15年前ほどでした。

幸いにも、我が家の場合、共働きでダブルインカムだったので、私が住宅ローンや光熱費、教育費を負担し、妻が食費を負担するという支出の分担制をとりました。

これによって、貯蓄に関しては、手取り収入の半分をコツコツ貯めて、現金を残しました。

ただ、将来のために、いまの生活を犠牲にするのもおかしいと感じたので、極端な節約は控えました。

今にして思うと、早めにアーリーリタイアを意識して準備に入ったのは正解だったと思います。

貯蓄以外は株式投資と不動産投資にも挑戦

リタイア準備は貯蓄が基本でしたが、それだけでは資産構築のスピードが遅いと考え、挑戦したのが株式投資と不動産投資でした。

株式投資はバブル崩壊後、日本株が長期低迷期にあったので、将来、急伸しそうな新興国の株式を調べました。

その結果、北京五輪を控えていた中国・香港株に期待し、個別銘柄を研究し、案の定、北京五輪前に中国株ブームが到来しました。

世界中の投資家が中国に着目し、株価はグングン上昇。私の株式資産も600万円ほどの資金が2000万円ほどに膨れ上がりました。

現役時代に身に着けたい株式投資のコツ

ただ、株式投資はなかなか天井で決済できないものです。

中国株は急落が始まって利益を確定したので、税引き後の手残りは投資額の2倍。1200万円ほどでした。

それでも資金が倍増し、何よりもリタイアに入る前に株式投資のコツを勉強できたことは大きな自己資産となりました。

株式投資は退職金をもらってから始めるのではなく、現役時代に経験することが大切です。

リタイア後の投資の失敗は、残された時間や新たな収入も限られているため、取り返しのつかないことになります。

リタイア後や老後に投資で大きな失敗をしないためにも、早めに経験し勉強しておいて良かったと実感しています。

スポンサーリンク

手軽な副収入があれば理想的

中途半端な不動産投資は失敗する

もうひとつ実践したのは不動産投資でした。

結論から言うと、「不動産投資で人生終了にならないための注意点!」でも申し上げましたが、これは失敗でした。

失敗した最大の原因は、マンションを高値で購入したためです。

買値7000万円で20年後の売値が3300万円でした。

幸いにも長期の空き室が発生しなかったので、家賃収入(年間200万円)は安定していましたが、売却後の最終収支はトントンの投資成績でした。

7000万円もの投資をするのなら、アパート経営が良かったのかもしれません。

マンションよりもアパート経営のほうが圧倒的に利回りが高い分野だからです。

アパートを数棟保有する戦略が優れていたのかもしれませんが、物件の管理や賃貸人のクレーム処理など雑用は避けたいと考えました。

やはり、本業を持ちながら、副業で不動産投資に踏み込むには覚悟が不足していたと思います。

投資とともに経験しておきたいネット収入

貯蓄や投資に並行してやってみたのは、ネット収入です。

この話はいずれしっかり書きたいと思っているのですが、やればやるほど奥深く、可能性も感じる分野でした。

この収入で子どもたちの塾代やピアノ代、自宅のリフォーム代を捻出できたので、結果的には給与からの支出を減らすことに貢献してくれました。

また、私の場合は、このネット収入の分野は非常に勉強することも多く、それゆえ熱中することができて楽しかったです。

ですから、リタイア後には趣味と実益を兼ねて本格的に取り組みたいと思います。

アーリーリタイアの成否は準備期間で決まる

年金収入を除くと、悠々自適なリタイア生活を実現する3種の神器は、①貯蓄②投資③副収入だと考えています。

リタイアしたあと、生活苦から再就職し、その会社が以前の会社よりもブラックだったら、本末転倒です。

そういう事態に陥らないためには、リタイアしたあとは、決して他人に仕える生活には戻らない覚悟と、そのための経済的準備が何よりも必要です。

リタイアに必要な資金を貯めるためには、それ相応の時間もかかります。

私の経験では、準備には最低10年は必要だと感じています。

テキストのコピーはできません。