買って良かったモノ・2018年ナンバー1を決定【ガジェット部門】

スポンサーリンク

想像以上に「Speed Wi-Fi NEXT W05」は快適だった

WiFiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W05」は高評価!

昨日に続いて、今年買って良かったモノ・ガジェット部門を発表したいと思います。

今回は、いよいよ1位の発表です。

2018年の買って良かったモノ・ベスト3決定!【ガジェット部門】
私が買って良かったモノの選考基準は何か? 割安感があって高機能・高品質のガジェットを高評価 きょうは12月1日。今年も残すところ、あと1ヶ月となりました。 そこで、きょうは2018年を振り返って、「2018年買って良かったモノ」ベスト3を発表したいと思います。 今回発表するのはパソコンやタブレット、スマホなどの周辺機器など「ガジェット部門」です。 ガジェット好きな男性はとても多いですが、最近はインスタやツイッター、ユーチューブ、ブログを始める女性が増えています。私の周りにも男性に負けないような高スペックなパソコンやカメラを所有している女性も増えてきました。うれしいですね。 私が買って良かったと考える基準ですが、ガジェット部門は価格が割安なのに高機能・高品質あるいは利便性に優れている製品を評価しました。 では、第3位から発表したいと思います。 3位はiMacやMacBoo...

ナンバー1を発表する前に、とても迷ったモノがあります。それはファーウェイの最新型WiFiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W05」でした。

私は、アーリーリタイア直前、外出先でもブログの更新やタブレット通信を確保したいと考え、Broad WIMAXの「ギガ放題プラン」を契約しました。

料金プランは当初3ヶ月が月額2726円。その後も3411円という料金設定は魅力的でした。(詳しい説明はBroad WiMAXのホームページで確認して下さい)

それ以上に「ギガ放題プラン」を選んだ主な理由は2つあります。

  • 高速通信でありながら容量制限がない(3日間合計10GBの制限はある)
  • WiFiルーターは最新機種「Speed Wi-Fi NEXT W05」が無料で使える

契約後1ヶ月半が経過したので、レビューも含め高評価の理由に触れたいと思います。

自宅回線が不調な時はWiMAXで十分に代用可能だった

11月はじめごろ、自宅の通信回線が繋がりにくくなったため、モバイルWiFiを代用したことがありました。

ファーウエイの最新機種「Speed Wi-Fi NEXT W05」は、コンパクトですが、パソコンなど端末10台と同時接続が可能です。

ファーウェイ「Speed Wi-Fi NEXT W05」のサイズは横13㎝×高さ5.5㎝×厚さ1.26㎝で、重さが約131g。iPhone8の幅を1㎝縮めたようなイメージです。

このため、家庭用としても十分利用できると考え、試しに家族で同時に利用してみました。

「Speed Wi-Fi NEXT」シリーズの通信速度は、先代「WX04」が受信側に相当する下り最大440Mbpsでしたが、最新機種「W05」は下り最大758Mbpsまで向上しています。

通信速度の進化のせいか、動画もストレスもなく視聴でき、自宅回線に勝るとも劣らない快適さでした。過去に出張先でWiFiルーターに悩まされた経験があるだけに感心しました。

ただ、ファーウエイの「Speed Wi-Fi NEXT W05」は「買ったモノ」ではなく、「無料で借りているモノ」なので番外編としました。

というわけで、Broad WiMAXの「Speed Wi-Fi NEXT W05」は特別賞です。

モバイルWi-FiのWIMAXが届いた!緊急レビュー
ノマド的リタイア生活に必須のアイテム・モバイルWi-Fiが自宅に届きました。 私が選んだのは、Broad WIMAXの「ギガ放題プラン」でした。 いろいろ調べたのですが、総合的には、これが最も速度と通信容量、Wi−Fiルーターの性能、料金とも優れていると判断しました。 というわけで、届いたばかりのBroad WIMAXをレビューしたいと思います。 Broad WIMAXの「ギガ放題プラン」をファーストレビュー Wi−Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W05」のデザインは二重丸 Broad WIMAXの「ギガ放題プラン」が、なぜ、私に魅力的だったのか? まずは、ルーターが最新型の機種であり、デザイン性にも優れていたことがあります。 WIMAXとセットのルーターは、ファーウエイの最新機種「Speed Wi-Fi NEXT W05」。 サイズは約130×5...
スポンサーリンク

今年の買って良かったモノ・ガジェット部門の1位は?

新型iPad Pro11を購入後に何かと迷った周辺機器

2018年にAppleが発表した新製品の中で、大きな変化を遂げたモノといえば、iPadProではないかと思います。

Apple Pencilが本体に磁力で装着でき、装着と同時に充電が始まる点は地味ではありますが、旧型iPadProのユーザーが不満を訴えていた箇所を改善したという意味では大きく進化しました。

一方で、Apple製品は高額化する一方です。

大きなイノベーション(革新)を巻き起こす製品であれば、高額化もやむを得ないと思いますが、高額化の波は周辺機器に及んでいます。

このため、どうしても納得いかない価格の製品については、サードパーティーの製品を探すのがAppleユーザーの宿命ともいえます。

今年、私が特に納得いかなかったのは、新型iPadProのカバーです。

Apple純正のカバーやキーボード付きカバーは次のような価格(税別)です。

  • iPad Pro11用Smart Folio 9,800円(カバーのみ)
  • iPad Pro11用Smart Keyboard Folio 19,800円(キーボード付き)

単なるカバーに税込みで1万円以上も支払う気にはなれませんでした。キーボード付きカバーというと、3万円を超え、今年発売された2018年iPadに迫る価格です。

これは、どうみても高すぎます。

ガジェット部門の第1位はZtotopのiPad Pro11用ケース

というわけで、今年買って良かったもの第1位は、ZtotopのiPad Pro11用ケースに決定しました。

このケースは現在利用していますが、純正クオリティーと言ってもいいと思います。

サードパーティーが販売しているカバーの多くは、磁石が干渉しているのか、Apple PencilがiPadPro本体とペアリングできないという不満のレビューばかりでした。

そんななかで、ZtotopのiPad Pro11用ケースは不具合もなく、カバーの形状や材質も純正品ではないかと見間違うほどの品質でした。

価格ですが、ZtotopのiPad Pro11用ケースはアマゾンで2599円。一方、Apple純正のケースは9800円。価格差は7201円でした。もちろん、Ztotopのケースは、上の写真のように3つ折りスタンドで、蓋を閉じればオートスリープになる機能も備わっています。

今回、1位〜3位のガジェットの購入額は合計9369円でした。

どれも安さと機能のバランスが取れた良品だと思います。

待ちに待った新型iPad Pro11がやってきた!お得なケースや保護フィルムも購入し開封レビュー
新型iPad ProはApple Pencilの進化が最大の特徴 新型iPad Pro11はモニター拡大でも携帯性を維持 ようやく待望の新型iPad Pro11が自宅に届きました。 早速、箱を開けてセッティング。iPhoneを近づけたら自動的にセットしますという表示が出たので、その説明に従うだけで、簡単に設定は完了しました。 新型iPad Pro11はモニターが文字通り11インチ。旧型10.5インチに比べてモニターが大きくなりましたが、全体のサイズや重さはほぼ変わらず、携帯性を損なっていないところが好印象でした。 もっとも進化したのは、2世代目となったApple Pencil。ダブルタップすれば、ペンと消しゴムの切り替えが可能なほか、iPad Proに磁力で張り付き、装着と同時に充電される仕様に進化しました。 長期利用ならiPad Pro11はベストチョイス!旧型と...
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました