アーリーリタイアの最大のメリット・デメリットは何か?

スポンサーリンク

不安のないアーリーリタイアを目指すために必要なこと

自由と幸福を感じる日々を手に入れました

サラリーマンを辞め、リタイア生活に入ると、1日が本当に早く過ぎ去っていきます。

それほど、いまの私はリタイア生活を満喫しているのだと思います。

朝の起床時間は決めていませんが、時間がもったいないので、なるべく早めに起き上がって午前中はブログの執筆。昼食を食べたあとはユーチューブを見たり、散歩したり。

夜は時々、お気に入りの居酒屋で食事するほかは基本的に仕事から帰宅した妻の手料理をいただき、深夜に再び執筆活動というのがルーティーンです。

夫婦で旅行も計画していますが、平日はどのホテルや旅館も空いていて予約が入りやすいので、週間天気予報を見て確実に晴天の日を選ぶこともできます。しかも宿泊料金は割安です。

「いまのように、日々、自由と幸福を感じる生活は、いつ以来だろうか?」と考えることもあります。

幸せなリタイアを実現するためのワタシ的条件とは?

私はリタイアして本当に良かったと思っています。

しかし、こうしたリタイアを実現できたのは、次のような条件を満たしているからだと思います。

  • ある程度までリタイア準備をしてきた会社員だったため、貯蓄や年金が充実している
  • リタイア後に心からやりたいことがたくさんあった
  • 妻が稼いでくれて私は出来の悪い主夫でも許してもらえている

この3条件は意外に重要だと思っています。

会社員をやりながら、リタイア生活を目指すというのは、とてもアドバンテージがあります。

毎月知らないうちに天引きされる厚生年金の保険料は、長年納めていると、将来、力量を発揮してくれます。もちろん、リタイアを目指していたので貯蓄にも努めました。

もうひとつのリタイア後にやりたいことがあったということも充実感につながっています。

まずはブログでも小説でも、最近流行りのnoteでもいいですが、執筆活動をしたいという長年の希望がありました。

さらには、好きなカメラ撮影や編集、そして、いずれは一眼カメラで動画撮影し編集も勉強したいと思います。このほかに起業も計画しています。

リタイア生活に大切なのは夫婦の適度な距離感

最も大切なことは、妻との適度な距離感ではないかと考えています。

妻は朝、出勤するので、夜までは私の自由な時間です。妻が取引先と夜の会合で遅くなる日には、私もお気に入りの居酒屋で少しばかりの晩酌とごちそうを頂いています。

夫婦が一緒にいる時間が限られているので、余計なことで口喧嘩になることが少ないです。

むしろ、限られた時間の会話なので、お互いに話題が新鮮です。

奥さんが専業主婦だと、そうはいきません。

夫婦2人が24時間同じ空間にいたら、互いに息苦しくなるかもしれません。

よく旦那さんが定年退職で家にこもるのを嫌がる奥さんがいると聞きますが、それはそうなのかもしれません。一生懸命働いてきた旦那さんは可愛そうだと思いますねどね。

スポンサーリンク

リタイア生活にデメリットはないのか?

リタイアの最大のデメリットは収入が減ること

では、リタイア生活にデメリットはないのでしょうか?

それはたくさんあります。いま、思いついただけでも7つありました。

  • 毎月の定期収入が減る、あるいはなくなること
  • 会社員は厚生年金の支給額が予定より少なくなる
  • 何もすることがなく時間を持て余すこと
  • 無職という肩書のない人生のスタート
  • 命令するばかりの夫は家族に煙たがれる
  • テレビばかり見て運動不足になる人もいそうだ
  • 会社員時代より友人が減るかもしれない

思いつくだけでも、これだけのデメリットがあるかもしれません。

ただ、デメリットのリストをよく見ると、人によっては克服できることや、むしろデメリットに感じないこともあると思います。

考え方次第でデメリットはメリットに変わる

アーリーリタイアする最大のデメリットは経済的な損失です。

定年まで働けばえられる収入を手放すわけですから、リタイアによって数千万円単位の経済的損失を覚悟しなければ、いけません。

しかし、アーリーリタイアを計画的に準備してきた人は、経済的な問題はクリアしているはずです。

経済的な部分が心配な人やリタイア後に副収入を得る自信のない人は無理をせず、65歳、いや70歳まで働けばいいのです。

心の安定は辞めた方が得られるのか、それとも辞めずに我慢して働いた方がいいのか、それはあなた自身の心の問題です。自分で判断するしかありません。くれぐれも他人に相談して、あとで後悔するような格好の悪い人生は送らないで欲しいと思います。

その他の「肩書のないこと」や「友達が減ること」は気にする必要のない話ですし、「運動不足」は毎日散歩するだけで相当体調が違うはずです。

最後に「時間を持て余す」という点ですが、そういう懸念のある人はリタイアを急ぐ必要はないと思います。もしかしたら、リタイアして何もしないで過ごす生活より、多少ストレスがあっても会社員生活の方が自分に合っている可能性があるからです。

充実したリタイア生活はお金さえあれば、いつでも実現できます。

まずは資金を貯めるか、ブログで稼ぐか、副業で副収入を得るメドがついてからでも遅くはありません。

リタイア生活を豊かにする副業はあるのか?【副収入】
リタイア生活の副業は楽なものがいい 本末転倒な副業は避けたい リタイアを目指す人や実際にリタイアしたら考えること。それは少しでも副収入を得ることです。 副収入があれば、リタイアの道が近づきますし、リタイア生活で貯蓄の目減りを緩和することもできます。 何よりも、本業以外に収入があれば、心のゆとりにもなります。 ただ、気をつけたいのは、忙しすぎる副業は本業の妨げになりますし、リタイア生活が繁忙を極めて何のためにリタイアしたのか分からなくなります。 生活の質を低下させない副業を選びたいものです。 そこで今回は比較的ラクに稼げる副業をまとめてみました。 「これなら自分でもできる」「活用していないものがお金を生む資産になる」という副業も少なくないと思います。 週1ドライバーにオススメな副収入 みなさんはマイカーを毎日使っていますか? 会社勤めだと、週末しか、マイカーは乗らな...
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました