早期リタイアには最低1000時間の副業が必要!1年間でスタートライン

リタイア準備
スポンサーリンク

早期リタイアには副業で収入源の複数化が不可欠だ

毎日が自由な生活を実現するには準備段階が最重要

何をするのも自由、いつ寝て起床するのも自由。全ては会社ではなく、自分が決めたスケジュールで生活する。

こんな早期リタイア生活は、会社に勤務地や業務、勤務時間を決められているサラリーマンにとっては理想的な生活です。

人生の時間や自由を会社に提供する対価として、私もサラリーマン時代は給料をいただいていました。

しかし、年齢を重ねるうちに、お金よりも大切なものがあることを意識するようになっていました。

それは時間です。

人生は一度きり。しかも、与えられた時間は限られています。

人生の残り時間が少なくなるにつれて、給料に縛られた生活ではない人生を模索したいと考えていました。

しかし、早期退職したあと自由な生活を送るとなると、多くの人たちは無収入です。

私も株式などの配当収入はありましたが、それだけでは生活が成り立ちません。

ですから、私は副業としてブログを始め、自分のオーナー会社運営を妻に委ねました。

この二つの収入源が成長したら、早期退職後は自由なリタイア生活を実現できると考えました。

つまり、早期リタイア後の収入源づくりをサラリーマン時代から取り組んだわけです。

副業で成果が出るために必要な時間とは?

私には特別な才能も能力もありません。

そんな普通のサラリーマンがブログに打ち込んで年収1800万円超にたどり着くまで要した時間を計算してみました。

1800万円に達したのは約4年後。ほぼ毎日平均2〜3時間の時間を副業に費やしました。

かりに副業に毎日平均2時間の時間を要したとすれば、次のような総労働時間になります。

  • 2時間×365日×4年間=2920時間

年収1800万円に到達するには、約3000時間を要したことになります。

副業はまさにマラソンのようだと感じます。

しかし、逆に考えれば、3000時間で給料のほかに副業で1800万円稼げることでもあります。

1800万円といえば、一流企業の平均年収の2倍です。

ブログという副業によって、サラリーマンの2年分の給料を1年間で稼げたわけです。

副業に要した時間は長いようですが、ブレイクすると、あっという間に労働時間を取り戻すことができたとも感じています。

では、サラリーマンがブログで収益をあげるために、最低限必要な時間はどのくらいなのか?

私の経験則に沿って考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

ブログ収益は1000時間がスタートライン!

ブログで稼ぐための最低限の作業とは?

ブログで稼ぐ方法は、ほぼ2通りあります。

ひとつは、ブログ内の広告から商品やサービスを購入してもらった成果報酬です。

いわゆる「アフィリエイト」と呼ばれるもので、その広告収入を得るためには広告主とブログを仲介するアフィリエイト・サービス・プロバイダー(ASP)に無料登録する必要があります。

アフィリエイトで必ず登録したいASP会社は?
アフィリエイトは本当に儲かるのか?爆発的収益力を秘めるアフィリエイトアフィリエイトで月収100万円とか1000万円とか、本当にそんな人がいるのか、と思っている人も少なくないと思います。私も当初始めたころは半信半疑でした。半信半疑だったからこ

もうひとつは、ブログ内容の審査に合格したら、広告クリックだけで報酬がもらえるGoogle AdSense(グーグル・アドセンス)です。

私は両方を利用しています。

同時に、自分が所有権を持つコンテンツ資産を構築するために重要なのが、レンタルサーバーと独自ドメインです。

この一連の作業は週末のうち1日もあれば、完成することができます。

厳選10社のレンタルサーバー比較ランキング【2019年最新版】
昨年10月にブログやサイトに欠かせないレンタルサーバーの比較結果を配信しました。2019年になりましたので、料金やサービス内容の変更点などを修正したほか、私のレビューも加えて、改訂版として「厳選10社のレンタルサーバー比較ランキング」をまと

契約が済んだら、あとはひたすらWordPressでブログ記事を書き続けるだけです。

レンタルサーバーや独自ドメインの契約といったブログを始めるための環境は、短時間で簡単に完成することができます。

ブログの環境作りは1日も早く済ませ、エネルギーと時間はブログのテーマや記事の材料・素材を探したり、記事を執筆する作業に割くことが賢明です。

最初の1年は収入が少なくとも勝負の1年になる

私がブログで年収1800万円に到達したときは、ブログを始めた最初の1年間は年間収益が30万円ほどでした。

そこまで要した時間は、1日平均3時間×365日=1095時間でした。

最初の1年間は、慣れないこともあって、執筆時間は毎日3時間ほど要しました。

しかし、新たなことを覚える楽しさや新たな発見の面白さもあって、その3時間はむしろ楽しい時間でもありました。

ただ、収益となると、年間30万円ほどでしたから、早期リタイアのための収入源としては、全く役に立ちません。

ただ、今にして思えば、最初の1年がブログ収益の勝負どころだったと思います。

その理由は、次のようなことを実感したからです。

  • ブログ記事を書く作業は想像以上に楽しめる娯楽と感じることができた
  • 最初の1年間は30万円とはいえブログで稼ぐ手応えを感じることができた
  • 勤務時間外にブログを書く習慣が身についていることに気づいた

ブログを始めて最初に要した労働時間は約1000時間でした。

この1000時間は、まさにブログで稼ぐためのスタート地点だったわけです。

この時は、まさか数年後に1800万円も稼げるようになるとは思いもしませんでした。

では、収入面で手応えを感じたのはいつ頃だったのか?

次回、私がブログは稼げると確信した理由について述べたいと思います。

【WordPress初心者】ブログやサイトで稼ぐための初歩的手順
ブログを資産化する時代無料ブログの時代は終わっていた!私がネットで収入を得たいと考えたのは15年ほど前のことになります。当時はブログやサイトを運営する人も少なく、ネット収入の黎明期でもありました。ブロクやサイトを始め、最初の1年は30万円ほ
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました